無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

story 43〜☆
701
2022/01/12 13:00
丸山side

何とか章ちゃんを説得することに成功。



とりあえず使うものを準備して章ちゃんの待ってる診察室に戻る。
丸山隆平
お待たせ〜
ほな、ここ座ろうか^^
安田章大
……ん………
丸山隆平
よしよし(撫)
偉いなぁ^^とりあえず軽く診察させてな?
まだなんも痛いことないからな。
大丈夫?いける?
安田章大
……(こくっ)………
丸山隆平
ん、ほな聴診器当てるな?
ゆっくり深呼吸しててなぁ(撫)
安田章大
…ん…スーハー……
丸山隆平
そうそう上手やなぁ^^
………はいええよ
そのまま口開けれる?
舌圧子使わんから、な?
安田章大
…うん………



少し戸惑ったり警戒したりしながらも診察は終了。



鼻と耳も大人しく見させてくれた章ちゃん。



でも、この後の処置がわかってるからか、遂に静かに泣き出してしもうた(汗)
丸山隆平
章ちゃん?大丈夫、泣かんでええよ(撫)
わかってるもんな。
僕は無理矢理やるのは嫌いやから章ちゃんが
頑張れるってなるまで待ってるからな^^
なんも焦る必要なんてないからな(撫)


それからしばらくして、頑張ろうとしているのか診察室をグルグル止まることなく歩き出す章ちゃん。



中々落ち着けんのやな






そんな章ちゃんの不思議な行動をなんも言わずに見てること30分ほど。



やっと落ち着いたのか、僕の目の前の椅子に座ってくれた。



あとは章ちゃんが自分の口から"頑張れる"言うてくれるのを待つのみ。



焦らせないように書類に手をつけながら章ちゃんの様子を観察。



安田章大
……ん…まる……
丸山隆平
ん?どうしたん?
安田章大
……ん…っと………えっと…
丸山隆平
ゆっくりでええよ^^
大丈夫やからな(撫)


頑張ろうとしていて震えている章ちゃんの手を上から優しく握ってあげて優しく声をかける。



章ちゃんは昔から優しすぎて悩むことも多くて、相談に乗ってる時にパニックになってまうことも多々あって……



そんな時にこうやって上から優しく手を握ってあげると落ち着いてくれてたんよ。



やから今回も……少しでも落ち着いた状態の方が本人もええやろうしな。
安田章大
………ばるっ………
丸山隆平
ふふっ^^さすが章ちゃんやな。
僕が章ちゃんの苦しいのすぐ治したるからな(撫)
安田章大
…っでも怖いから……
丸山隆平
ん、怖いやんな。
でもなぁ?章ちゃん、僕の目を見て?
……そうそう(撫)
大丈夫。大丈夫。
章ちゃんやもん。章ちゃんの苦しいの治すんも
僕やしな^^
安田章大
ん、ありがとう……
頑張る……


何度も何度も言えなかった言葉を震える声で言うてくれた章ちゃん。



よし、なるべく痛くて苦しい思いせんように頑張らな!



章ちゃんも頑張ってくれるしな!