無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

story 40〜☆
774
2022/01/06 13:00
安田side





おーくらがあなたちゃんをうちの小児科に連れてきてくれて診察中。



なんやけどどうしても喉を見させてくれへん^^;;



口をムッと固く閉じて開けてくれない……



ちょっと無理矢理になってまうけど舌圧子を閉じてる口に無理矢理押し込んで口を開ける。
安田章大
ごめんごめん、ごめんなぁ(汗)
…………よし!偉かったなぁ^^
あなた
うわぁぁぁぁん!ぱぱぁ…(泣)
大倉忠義
よしよし(撫)偉かったなぁ^^



よっぽど嫌やったんかくるっと向きを変えておーくらに抱きつくあなたちゃん。



インフルの検査もしたいけど……



もう少し落ち着いてからでええかな…
安田章大
おーくら、落ち着くまで待ってるな〜
大倉忠義
うん、ありがとう。
ほらあなた〜もう泣かへんよ
あ、見て見てこれなーんだ
あなた
うぇぇぇん…グスッ…
わんわん…ヒクッ……(泣)
大倉忠義
おっ、せいかーい!
これは〜?
あなた
…ヒクッ…グスッ……うさちゃ……
大倉忠義
そうそう〜うさちゃんやなぁ^^
安田章大
ふふっ^^



おーくらさすがやないつの間に子供あやすんそんなうまなってん



壁に貼ってある写真を一つ一つあなたちゃんに問題で出してるおーくら。



いつの間にかあなたちゃんも泣き止んでるし。



同期の中で僕が1番子供と接するの上手いって思ってたけど、おーくらの方が上手いかもしれへんな(笑)

しばらくするとだいぶ泣き声も小さくなった。



落ち着いてきたかな…



おーくらが僕の目の前の椅子に座るまでパソコンとにらめっこ。



何十分後ぐらいにおーくらが僕の目の前の椅子に座ってきた。
大倉忠義
寝てもうた(苦笑)
安田章大
あらら^^
まだ熱も高いしキツいんやろうな(撫)
可哀想やけどインフルの検査してええ?
大倉忠義
…おん……頼むわ…
あなた…ごめんなぁ〜ちょっと頑張ろうな(撫)
安田章大
じゃあそのまま起きて動いてもうても大丈夫なように抑えといてな?
あなたちゃん、ちょっとお鼻さん辛くなるで〜
ごめんなぁ…………



おーくらが膝の上でお姫様抱っこをしてあなたちゃんをしっかり抑えたのを確認して……



寝てるけど一応声をかけて鼻に検査用の長い綿棒を奥まで入れて数回グリグリ……



当然痛くて起きたあなたちゃん。
あなた
うわぁぁぁぁん!ぎゃぁぁぁ!(泣)
安田章大
はいはい〜おしまい^^
ごめんごめん嫌やったな(撫)
あなた
…うぇぇぇん……グスッ…
いたぁい…ぅぅぅっ……ヒクッ……(泣)
大倉忠義
よしよし(撫)偉い偉い^^
頑張ったなぁ^^



大泣きのあなたちゃんをおーくらが慰めてるうちに検査にかける。



検査結果は見事にインフルA。



薬飲んで一日でも早く熱が下がって楽になりますように



そんなことを願いながら薬を処方した。



あなたちゃんを診察してから5日後。



あの後も仕事が忙しくて中々会いに行けなかったけど、今日やっと熱が完全に下がったっておーくらから連絡があった。



良かった良かった。



みなさんもインフルエンザ気をつけてくださいね!









end