無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

story 46〜☆
910
2022/01/18 13:00
丸山side









今日はあなたちゃんのぎょう虫検査の手伝いをするために大倉の家に泊まった。



久しぶりにあなたちゃんと沢山遊べて楽しかったなぁ〜



あなた
んぅねぇぇ…どうしたのぉ……
なんかいやぁぁ…グスッ……(泣)


ええっ(汗)もう泣く^^;;



隣にいる大倉もさすがに困り顔……



雰囲気で分ってもうたんやろうなぁ…



子供ってそういうのに鋭いからなぁ(汗)
丸山隆平
ん〜?どうしたん?
よいしょっ!えんえんしたら丸ちゃん
帰るで?
大倉忠義
うわっ!どうしよ〜
丸ちゃん帰ってまうって!
あなた
……いやぁぁ!帰ったらだめぇぇ……(泣)
丸山隆平
じゃあえんえんおしまいしよな?
…………おっ、偉いなぁ^^


泣き止んでくれたけどどうしよう



と思って大倉を見ると任せると言わんばかりの顔で見つめられた。



そんな顔されても(笑)



しゃーないなぁ…多分説得しても無理やからなんもわからず流れ作業的にやるのが1番ええと思う。



抱っこしてるあなたちゃんをソファーに下ろして、大倉に口パクで説明。



大倉がズボンと下着を下ろしてくれて、そのまま抑え込んでくれた。
あなた
いやあっ…グスッ…ふぇぇぇぇ……
なにしゅるの……(泣)
大倉忠義
大丈夫、大丈夫(撫)
丸山隆平
あなたちゃんちょっとお尻さん気持ち悪くなるで〜
ごめんなぁ(撫)
あなた
…………っ……
うわぁぁぁぁん!いやぁぁっ!!(泣)
丸山隆平
…………はい、おしまい(撫)
偉かった偉かった^^
大倉忠義
よしよし、頑張ったなぁ^^
またマルにご褒美に高いお店で
奢ってもらわなあかんなぁ(撫)



大倉がなんか言うてるけど…(笑)



それはただただ大倉が食べたいだけやろ(笑)



でもそれのおかげか少しづつやけど機嫌も良くなって、すんなり保育園へ。



高いお店で何万も出費した。



もうしばらくコンビニ生活やん(泣)



                 







end