無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

エピソード
ふぁぁ……
私は今日、具合が悪かったため、
いつものように校庭の木の下に座っている。

だんだん、眠くなってきた。
すると…

?「ねぇ、君」

あなた「んうぇ?」
( ⊃=﹏=C) .。O○?

?「大丈夫?
保健室行く?」

あなた「だ、れ?」
男の人?


急に誰かに声をかけられ、びっくりした。

私は友達がいない、中学生の時はいたんだけど、
その子は、遠いとこに行ってしまった。
そのため私は、高校に入ってからは、誰とも喋らなくなった。
いや、喋れなくなった。そして、男性恐怖症を持っている。

だから、男の人に声をかけられびっくりして声が出なかった。

?「きつそうだから、保健室行こ?」
男の人が言ってきた。
あなた「い、や、平気です、ので」ダッ
コワイィ((( ๑•﹏•。๑)))コワイ…

そう言ってその場から走って逃げた。

―――放課後―――
うぇ、具合悪い……
帰ろ。

?「あ、君!」

あなた「え?」




1話へ……

初めての投稿なのでよろしくお願いします!
バンタン大好きです!!