無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6話
テヒョン
テヒョン
いいこと思いついた!
あなた

え?なんですか?

テヒョン
テヒョン
あのね!
あなたちゃん僕達と一緒に住も!
あなた

……!?
なんで、ですか?

あなた

急過ぎます……

グク
グク
そうですよ!ヒョン!
急過ぎますって!
グク(僕が言いたかったのに!)
ジミン
ジミン
そうだよ!テヒョン
あなたちゃんは、家族と住んでるのに…
ジミン(なんで言っちゃうのー!)
ラプモン
ラプモン
そうだよ、テヒョン
部屋は余ってるけど、俺たち男だぞ?
ラプモン(俺が誘いたかった)
ホビ
ホビ
ヤーーテヒョン!
いい案だと思うよ!
ホビ(よし!あなたちゃんと仲良くなれる!)
シュガ
シュガ
俺もいいと思うぞ
シュガ(これなら、仲良くなって守ってやれる)
ジン
ジン
うん、僕もいいと思うよ?
ご家族がいいって言ってくださればだけど
ジン(ご飯も一緒に作れるしね!)
あなた

いや、でも……

テヒョン
テヒョン
まぁ!
まず、言ってみたら?親の人に?
あなた

そう、ですね

prprprpr
母「はーい?」
あなた

あ、お母さん?
あのね、あの話のことなんだけど

母「あー!あなたの家のこと?」
あなた

そう

母「それがどうしたの?
まだ、家決まってないけど……」
あなた

あ、あのね
その家のことなんだけど、
友達がシェアハウス?しよって言ってくれてて

みんな
みんな
(友達!o(*º▽º*)o)
母「そうなの?
あなたが平気ならいいのだけど」
あなた

ほんと?
ありがとう。

母「いつからシェアハウスするの?」
あなた

えっーと

みんな
みんな
2日後からでもいいよ!
明日片付けしておくから!
あなた

分かりました。
お母さん、2日後だって、準備大丈夫?

母「ええ、大丈夫よ、」
あなた

ありがとう

――終了
みんな
みんな
良いって?
あなた

はい、大丈夫だそうです

ふぅ、こんなに話したのいつぶりかな?
話しておいた方がいいのかな?
あの時のこと……
シュガ
シュガ
どうかしたか?
あなた

あ、いえ

テヒョン
テヒョン
大丈夫だよ?
話してみて?
あなた

でも……

グク
グク
いいんですよ?
これから、一緒に暮らすんですから、ね?
あなた

……は、い




7話へ…

短くてすみませんm(*_ _)m

お気に入り登録ありがとうございます( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )
リクエスト待ってます!