無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3話
―――放課後―――
疲れた……
あの人達くるんだっけ?

ガヤガヤ

ん?廊下うるさっ、

`・ω・´)∋|ガラッ
テヒョン
テヒョン
やっほー?
んー?あっ!おーい!あなたちゃん!
あなた

えっ、あ、はい!

グク
グク
ヒョンー?いましたー?
あっ、あなたちゃん!帰ろ!
あなた

うぇ?
あ、分かりました。荷物取ってきますね。

モブ1「ねぇ、あの子誰?
テヒョンとグクに馴れ馴れしく無い?」

モブ2「そうだよね、どうする?」
「やっちゃう?w」

モブ1「あ、いいね、それw
んー、男子誘うかw」

モブ2「うわぁw、エグw
まぁいいかw」
グク
グク
コソ ねぇ、ヒョンあの子達
テヒョン
テヒョン
ん、あぁなんかしそーだね。
あなた

ん?どうしたんですか?

テヒョン
テヒョン
ん?なんでもないよー?w
グク
グク
そうですよ!
行きましょ!ヒョン達待たせてますしw
あなた

あ、そうですね。

―――合流―――
ジミン
ジミン
お!来た!
あなたちゃん!
ラプモン
ラプモン
あ、こんにちは!
あなた

あ、こんにちは

ホビ
ホビ
こんにちわぁー!
授業どうだったー?
あなた

いつも通りでした。

ジン
ジン
そか、あ!
あなたちゃん、今日これから空いてる?
あなた

え?
一応空いてますけど……

シュガ
シュガ
よし、なら俺らの家に来い
あなた

え?

みんな
みんな
決まり!
えぇ?
私の意思は関係ないのぉ!?









4話へ…

はい。
コメントにもありましたが、
友達のRYOさん!からこのアプリ教えてもらって
RYOさんのを参考にして書きました。
これから、新しいのを出そうーと思います。
こんな感じですが、よろしくお願いします!m(*_ _)m