無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1話
?「あ、君!」

あなた「え?」
昼の人?

?「ちょっといい?」

あなた「え、はぃ」
なんだろ?他にもいるんだけど?

?「ありがとう!」^^*
?「単刀直入に言うけど、
あんた、男性恐怖症でしょ?」

あなた「え?」
え?なんでしってんの、誰にも言った覚えないんだけど
てか誰?
あなた「そう、ですけ、ど?
だれ、なんですか? 」

?「あ!そうだったw
名前言ってなかったね😆
僕は2年のキム テヒョンだよ!」

?「あぁ、おれは3年のミン シュガだ。」

?「クスクス、僕はテヒョンと同じ2年のパク ジミンだよ。
よろしくね?w」

?「あぁ、俺はシュガヒョンと同じ3年の
ラプモンだ。」

?「僕は2年のチョン ジョングクだよ!
体調はどう?」(*º▿º*)

?「僕は3年のチョン ホソクだよ~」

?「あ、僕はこの中では1番上で3年のキム ソクジンだよ。」


あなた「あ、はい。
私は、2年のあなたです。」

全員身長高い、てか、まじ怖い。
あなた「あの、帰って、いいですか?」



テヒョン
テヒョン
あぁ!待って待って、
シュガ
シュガ
お前、俺たちと友達にならねぇ?
あなた

え?、なぜですか?

グク
グク
いいから、いいから!
なりましょ!友達!
あなた

はぁ、はい。
分かりました。

あなた

えっと、帰って、いいですか?
宿題、やらないとなんで

ジン
ジン
あぁ、ごめんね?
また、明日お昼の時会おうね?
あなた

ぇ、あ、分かりました。

―――家にて(yousaid)―――

はぁ、確かあの人たちって…
学校で人気の人達だよね?
なんで、私に声掛けたんだろ?
明日も会うんだよね…怖いな、大丈夫だよね?

明日も早いし、寝よ。














2話へ……

下手ですねw
語彙力がほしいw