プリ小説

第14話

つづき
どう? やったぁ?とマイクを通さずキョロキョロする丸山と渡辺。

エイター
歓声と拍手
2人
やった〜!!
ハイタッチして抱き合う丸山と渡辺。
村上信五
おい、山辺よ!
丸山隆平
はいはい
あなた

山辺どす

2人並んだまま、村上の方を見る。
村上信五
手ごたえはいかがでしたか?
丸山隆平
ないようである
あなた

ないことはないようである

横山裕
なんやねんそれ
安田章大
まだ続いとるな笑
村上信五
ていうか、いつから決めてたん?
丸山隆平
今日のおやつ生八ツ橋やったからな
あなた

な〜

錦戸亮
懐かしいような新しいような……なんなんやろな
大倉忠義
ヤスはどうやった?
村上信五
相方としては
安田章大
もう……めちゃくちゃ面白かったです
大倉忠義
悔しい?
安田章大
悔しいというか……俺も入れてっては思う
あなた

じゃあ今度は田辺しようよ、章ちゃん

丸山隆平
おい!
横山裕
フラレとるやん笑
あなた

帰られへん 戻られへん

歌い出した渡辺に安田が近づいていく。
丸山隆平
あの頃の2人に
安田章大
あれほどお前愛してた
3人
大阪レイニーブルース
丸山と渡辺と安田が頭を下げると、拍手が巻き起こった。
大倉忠義
このノリでオモイダマ行く?
あなた

じゃあ俺……

錦戸亮
歌い? あなたちゃん
立ち止まったものの、もじもじする渡辺。
大倉忠義
じゃあさ……最初にアカペラで大サビ歌って消えたらええやん
あなた

大倉……?

村上信五
ああ、ええやん
横山裕
そんなのしたことないからええんちゃう?
丸山隆平
ナイス大倉!
エイター
フゥー
安田章大
さぁ、いくで……ナベべ
安田がそう言って肩を叩くと、渡辺は深呼吸をした。
あなた

オモイダマ今空へ 駆け上った

あなた

それはあの太陽より まぶしかった

渋谷のように力強く歌うと、伴奏が始まった。

去っていく渡辺が笑っているのがモニターに映る。

他のメンバーも嬉しそうに笑っていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ぽっちゃりん
ぽっちゃりん
よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る