第2話

stage2
な、何か言ってください…!
俺が見惚れていると恥ずかしそうにそう言った
_
あ、いや、ごめん
そんなにブスでしたか…
明らかに愛想笑いを浮かべるあなた。



それに俺は首が痛くなるくらいに全力で振った。
_
そんな事ない!!顔…綺麗
!……
さとみくんも、かっこいいです
ニコッと笑うあなたを目に俺は、
恋に落ちる音がした。
深く深く奥に奥に響く音。
その後無理矢理会う約束をこじつけた。




しかも明後日。

好きの気持ちは止まらない、
なんて歌詞も今なら自然と入ってくる。






ルンルン気分のままベッドに入る。



目を瞑ってすっかり夢の中……に入った時だ。




LINE電話の音。
目をこじ開けて画面を見ると“ころん”。

通話開始。
_
はい…
cln
[さとみくんおはよぉぉおおおおおお]
_
何…
cln
[あー、何してたの?]
_
(もうこれどうせ動画の企画だろ)
_
寝てた
cln
起きてるじゃん!!!
_
お前が起こしたんだろ……
ころんには悪いけど


あなたの夢が見れそうだったから

切ってサイレントに設定してもう一度眠る。
翌朝、尋常じゃない回数の着信が入っていたことは言わずもがな。


今日はるぅととライブ用の服を買いに行く事になってる。


何気に珍しいさとるぅだけでの買い物に少し楽しみ。
るぅとと合流してモールに向かう
改めてマジマジとみた顔は好青年って感じでやっぱりイケメンだなって思う。





実際にるぅとは本当に顔がいいのだ。






リスナー間のヤフー知恵袋で
すとぷりメンバーを顔順に並べたらみたいなのがあったけど

大体の人はるぅとかころんを1位にしていた。


因みに俺は2位か3位。
rot
なに人の顔を
そんなマジマジと見てるんですか
_
あ、ごめん
変なさとみくんなんて言いながら店に入っていくるぅと。



そこからいい物が見つかってすんなり決まった。


昼ごはんを食べに飲食店へ入り、注文したご飯を待つ。
_
あのさぁるぅと
rot
はい
_
俺達って好きな子出来たらダメだよな
相当意外だったのか目を見開くるぅと。
rot
ダメ…では無いと思うけど…
付き合うならどっちかに…
_
付き合えない相手
…ただの片思いだったら?
rot
それならいいんじゃないですか?
自分の中だけに留めておけば
rot
そんな事言ったら
僕だっていますよそういう人
_
rot
同性なんですけどね
_
お、俺も…!
少し困ったように笑ったるぅとに
食い気味にそう答えた。
rot
ふふ、じゃあお互い
叶わない恋頑張りましょ
_
だな
ふわっとした笑顔。

特徴的な敬語。




あなたに重なった。

この2人はどことなく似ている。
勿論似てるからってるぅとに恋愛感情が湧いてきた訳じゃないけど単純に。