無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第20話

がすらチャンネル(10)エピローグ

がすらの通報で警察が到着したあと、
廃屋の持ち主である村井は
「あの人骨は、娘の夫のものである。
 彼を殺害し遺体を隠したのは自分だ」
と自ら申告し、逮捕されることとなる。

第一発見者として、
がすらも警察に同行することになったものの、
彼は殺人事件自体には無関係であることは
明らかであったため、比較的すぐ解放された。

犯人である村井の名前とともに
“廃屋となった民家から人骨が見つかった”
というニュースが報道されたのは
それから間もなくのこと。


これにて解決したかに見られた事件だが、
全国的に報道された翌日、
予想外の展開が待っていた。

なんと、行方不明だった “村井の娘” が
10年ぶりにM市へと帰ってきたのだ。

それだけでなく、彼女も自ら警察に出頭し
「夫を殺した犯人は私だ。
 父は私をかばっているだけで殺人犯ではない」
と、村井とは異なる主張を始めてしまった。


果たして親子のうち、
どちらの主張が真実なのか……

はたまたどちらも真実ではないのか……

それについては現在
警察が捜査を進めている最中なのである。





    *****





そして、人骨発見から10日後。
メイリが再びカホの家へと遊びに来た。

挨拶もそこそこにメイリが話を切り出す。
式峯メイリ
式峯メイリ
ねぇカホさん、
警察からなんかって連絡あった?
梓山 カホ
梓山 カホ
ううん、
私のところには来てないよ

メイリちゃんはどう?
式峯メイリ
式峯メイリ
あたしにも来てないっ
梓山 カホ
梓山 カホ
ということは、
がすらさんがうまく
村井さんを説得してくれたのかな
式峯メイリ
式峯メイリ
そうっぽい!


にしても “がすら” かぁ……

あたし、この間
タイムライン見てたら
普通にがすらの動画が
流れてきて笑っちゃった♪
梓山 カホ
梓山 カホ
私もがすらさん見たよ

朝のニュースの
ゲストだった気がする
式峯メイリ
式峯メイリ
あー、そーいえば最近
がすらってば、TVにも
ちょこちょこ出てるっぽいもんね



先日、人骨の発見とともにM市で発覚した
センセーショナルな殺人事件は、
日本中のワイドショーをはじめとするメディアや
SNSをはじめとするネットなどで
大々的に取り上げられた。


同時に一躍、時の人となったのが、
“人骨の第一発見者” である配信者・がすら。


TVのワイドショーに呼ばれて
ゲスト出演した彼が

「信じてもらえないと思ったので
 今まで誰にも言っていませんでしたが、
 実は、あの物件で配信したのも
 配信後にもう1回訪れたのも、
 “幽霊” に強く呼ばれたからでして……

 ……もしかしたらあの幽霊、
 殺された旦那さんの霊かもしれませんね」

なんて笑って言ったものだから、
そこから話題が広がり大変な騒ぎになったのだ。



がすらの行動のおかげで
過去の殺人事件が解決に向かいつつあることから
世論では「正義のために行動した」
などと彼を称える人が大多数だった。

もちろん彼が
一般的に “不法侵入” とされる行動を
2回もやらかしたことは事実であるし、
幽霊の話をした彼を「うさんくさい」などと
評する意見も出てくるなど、
がすらを叩く人だって少なくないわけじゃない。


だが、配信者・がすらの知名度が
爆発的に上昇したことから、
“がすらチャンネル” のチャンネル登録者も
何十倍にも膨れ上がった結果、
彼は数日にして
有名配信者へと仲間入りすることになったのだ。


梓山 カホ
梓山 カホ
……がすらさん、
配信者を続けられそうでよかった
式峯メイリ
式峯メイリ
そーだね♪

しかもなんかいきなり有名人に
なっちゃった気がする
梓山 カホ
梓山 カホ
ついこの間、一緒に
喫茶店で喋ったばかりなのに……

……急に遠くに行ったみたいで、
何だか不思議だな
式峯メイリ
式峯メイリ
まぁでも
がすらはがすらだと思うよっ

昨日もちょっと連絡来てたけど
相変わらずっぽかったし
梓山 カホ
梓山 カホ
え?

メイリちゃんって今も
がすらさんと連絡とってるの?
式峯メイリ
式峯メイリ
なんかちょいちょい
向こうから連絡来るから、
こっちは「来たら返す」って感じ!
梓山 カホ
梓山 カホ
へぇ、そうなんだ……
式峯メイリ
式峯メイリ
……おや?

もしかしてカホさん、
がすらのこと割と
気になっちゃってたりする?
梓山 カホ
梓山 カホ
そ……そんなんじゃないって!
式峯メイリ
式峯メイリ
だよねぇ

カホさんは
ハルオミ兄ちゃん一筋だもんね♪
梓山 カホ
梓山 カホ
へ?!
梓山 カホ
梓山 カホ
だからメイリちゃん、
あたしとお兄さんって
そういうんじゃ――
式峯メイリ
式峯メイリ
だいじょーぶっ!
照れなくていいからっ♪

今は9月でしょ、
これからハロウィンとか
クリスマスとか
イベント盛りだくさんな時期だし

あたしがうまく
セッティングしちゃうからさー
梓山 カホ
梓山 カホ
待って、
セッティングって、何を?
式峯メイリ
式峯メイリ
決まってんじゃんっ

2回目のデート♥
梓山 カホ
梓山 カホ
?!
式峯メイリ
式峯メイリ
ちなみにカホさん、
行きたいとことかある?
梓山 カホ
梓山 カホ
え?
いや、別に――
式峯メイリ
式峯メイリ
ほぅほぅ、
「おまかせ」ってやつですなっ
式峯メイリ
式峯メイリ
よーし、
あたしがんばってプラン作るから、
期待してくれちゃって
いいんだからねっ、カホさん♪

メイリはさっそくスマホを取り出し
ああでもない、こうでもないと
デートプランを考え始めたのだった。







    **********





KOGITSUNE
KOGITSUNE
……おや、おや
このような結末になるとは

人間という生き物は
本当に面白いですわね……


……これだから、
観察をやめることが
できませんの……ふふふ……

“観察” とやらを終えたらしいKOGITSUNEは、
満足したように上品に笑う。

少し笑ったところで、
KOGITSUNE
KOGITSUNE
……そういえば今宵こよいは、
客人がいらしておられたわ……
思い出したようにこちらを見てきた。
KOGITSUNE
KOGITSUNE
……貴方の瞳には、

同じ人間である彼ら・・
どのように映りましたの……?


……はい、来た!
ここまでの流れ&台詞、この間と全く同じ!


心の中でそんなことを叫びつつも、
口に出すのは一応
真面目な回答を心掛けないとまずいだろう。

ということで、
今回の件に関わった人達には
肝心なところで抜けている人が
多すぎやしないだろうか、と答えた。
KOGITSUNE
KOGITSUNE
……具体的には、いったい何処どこ
抜けていると感じたのでしょうか?


例えば、
配信者のがすらは30歳手前にしては
全体的に抜けすぎてるというか
しっかりしてなさすぎる気がするし

メイリっていう女の子は
侵入する時にスマホをサイレントモードに
したままだったところとか抜けてると思うし……


……あ、あとは
あの廃屋の持ち主の村井って人が
勝手口の壊れた鍵を直してないところとか。


廃屋に入られたくないのであれば
防犯センサーを取り付けるより、
普通に考えたら、
まずは勝手口の壊れた鍵を直すほうが
先じゃないかと思うんだけど。

直してないのが謎すぎて、
全くもって意味が分からない。

これも「抜けてる」としか言えない気がする。

KOGITSUNE
KOGITSUNE
ふふ……

……本当に、そうでしょうか?


どういうこと?

KOGITSUNE
KOGITSUNE
……鍵が壊れたままである

ある意味では、
これも事実と言えましょう……

ですが、貴方がご覧になったのは
彼らが生きる時間のうち
ほんの刹那にすぎない一瞬を、
さらに薄くぎ取ったもの
でしかありませんわ……
KOGITSUNE
KOGITSUNE
……鍵が壊れたままである

果たしてこの事実は、
本当に……

……本当にであると
判断してもよいのでしょうか……?

KOGITSUNEの雰囲気が
穏やかなままであることからして
どうやら彼女は親切に
説明してくれているらしいと思ってよいだろう。

だが、説明をされたせいで
余計に分かりづらくなってしまった気がする。



いったい彼女は何を言いたいのだろう?

すごく気にはなるのだが、
下手な答えを返してしまうと
また彼女の機嫌をそこねてしまうかもしれない。
それは避けたいところなのである。



次に回答すべき言葉について考えていると、
KOGITSUNEのほうが先に口を開いた。
KOGITSUNE
KOGITSUNE
……おやまぁ、
急なことではございますが
今宵はお別れのようですわね

え? 待って、まだ話の途中なんだけど――。
KOGITSUNE
KOGITSUNE
またのお越しを是非とも
お待ちしておりますわ……うふふ……


前回同様、すぅっと視界が真っ暗になる。


KOGITSUNEの怪しい笑い声だけが響く中、
一生懸命なこちらの抵抗もむなしく……


徐々に、徐々に……

……意識が遠のいていったのだった。