無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

✔︎ 02






pm 9:00











私はホテル前に着いた













「 よっ 、 久しぶりだな 」





『 そうだね 』










ちょっと話しながら 、 私達はホテルへ入った 。











「 シャワー浴びてきな 」




『 うんっ 』












シャワーを浴びながら 、 この後されるんだな 、 とか色々考えちゃう 。



私の事なんてセフレとしか思ってないだろうし 。








20分後








『 樹 、 入ってきていいよ 』





「 おう 」














派手なピンク色の髪をした君が好き 。

こんな関係だけどやっぱり好きなんだって 。


















15分後









「 おまたせ 」





『 うんっ 』





「 阿部ちゃんとは順調? 」





『 普通かな 、 仕事多いみたいだし 』





「 まぁ 悪いことがないだけいいんじゃね?笑 」





『 そうかも ( 笑 ) 』






















「 あなた 。 」



















「 愛してる 」


















君はそう言って口を塞いだ

















Next .




次回 🔞突入 、!!