無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8日目
アンケートに答えてくださった方、ありがとうございました!
今のところ翔くん路線で話は進めますが、希望していただいたキャラも話に織り交ぜて行こうと思います

















みんなと別れてから5分くらいで家に着いた
その間横を通り過ぎる人が全員笑いながら櫻井くんを見たいたので、家に着く頃には彼の顔は真っ赤になっていた
あなた

着いたよ

翔
へぇー、あなたの家ここなんだ
(ホッ、やっと着いた〜)
あなた

とりあえず上がって、ガチャ

翔
お邪魔しまーす
あら、おかえりー…って誰?
ていうかその顔どうしたの!?
あなた

顔に落書きしたの忘れて帰ろうとしてたの
だからうちで顔洗わせようってなったの
一昨日から転入してきたクラスメイトだよ

翔
恥ずかしながらその通りです…
そうなのね〜
彼氏かと思ったわ〜
翔
えっ?そう見えます?嬉しいな〜なんつって
あなた

(いや何言ってんのこのおばはん)
んなわけないでしょ
やだよこんなの

翔
冷たい…泣
あなた

いいから早く顔洗って!

そうね!洗面所案内してあげなさい
翔
ありがとうございます、お母さん、ニコッ
いい笑顔ね〜
あなた

もう!早く行くよ!

翔
はーい
〈洗面所で〉
あなた

それ水性ペンでしょ?

翔
いや、油性で書かれた
あなた

え、待って、頭イカれてんの?

翔
イカれてない!書いたのニノだし
まぁどうせ提案したのは相葉ちゃんだろうけど
何も言われなかったし俺も水性だと思ってたんだけどね
あなた

書かれてる間に気づけやそれくらい

翔
すみません…
あなた

油性じゃ簡単に落ちないでしょ
洗面所だと周りビッチャビチャになるから風呂で洗った方がいい

翔
おっしゃる通りです…
風呂場に案内したあと、することは特になかったので部屋着に着替えた
あなた

(あっ!タオル渡すの忘れてた!早く行かないと出てきちゃう)

急いで風呂場へ向かうと、
翔
あぁー!全然落ちねぇ!
あなた

ブッ!!!(まだ落ちないの!?)
櫻井くん?

翔
ん?あなた?どうしたの?
あなた

タオル渡すの忘れてたから持ってきた

翔
ガチャ、そっか、ありがと
あなた

(え?え?なんで普通に出てきたの?)

翔
ん?どした?
あなた

(あ、この人天然なんだわ)
いや、あなた今全裸なんだよ?

翔
え?あ!忘れてた!ごめん!
あなた

いやなんかもう怒る気も失せたわ

翔
ほんとごめん!
あなた

とにかく洗い終わったなら早く服着て出てきな
私はリビングにいるから

翔
分かった、急ぐ
しばらくリビングで待っていると櫻井くんの声が聞こえた
翔
あなた〜?リビングってどこ?
あなた

ガチャ、ここ

翔
あぁ、そこか
風呂ありがとー…ってどうした?
汚物を見たような顔してるぞ
あなた

いや、顔が元に戻ったから
やっぱキツいわ

翔
あ、そっか
でも会話できてるし最初よりは慣れたんじゃない?
あなた

いやそんなことないと思うけど

翔
だって最初なんか目も合わせてくれなかったもん
なんて話していると…
あら、もう顔戻ったの?
って、あなた顔すごく綺麗なのね〜
翔
いえ、そんなことないですよ
あなたさんの方がよっぽど
あなた

(何言ってんだこいつ)

翔
いやそんな全力で嫌な顔すんなよ
でも、その顔でよくあなたと話せたわね
この子何故かイケメンが嫌いなのよ
翔
聞きました笑
それであの顔にしてたんです
そういう事ね、じゃあ私買い物行ってくるから、あなたお留守番お願いね
あなたも…えっと、お名前は?
翔
櫻井翔です
うん、翔くんもせっかくだから今晩ご飯でもどう?
あなた

(え、まじで何言ってんのこの人)

私がはぁ?という顔をしていると櫻井くんがニヤッと笑って
翔
そうですね、お言葉に甘えさせていただきます
良かったわ〜
じゃあ2人でゆっくりして待っててね
行ってきまーす
翔
行ってらっしゃい
私は終始目の前で起きていることが理解出来ずにぼーっとしていた
















ごめんなさい🙏
3日目が異常なほど長くなりそうです
もう少しお付き合いお願いします