無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

No.23
衣装作りをしている部屋に行くと、奥の方に松本くんがいた
あなた

あれ?なんでいるの?

潤
裁縫できるって言ったらここまで連行された
あなた

へぇー、男子で裁縫できるなんて珍しいね

潤
俺料理とかするのが趣味みたいなもんだからさ
あなた

そっか
でもさ、その顔で家庭的とかモテるでしょ?

潤
まぁ、寄ってくる女はいっぱいいるけど…
あんまりいいもんじゃねぇよ
あなた

なんで?

潤
いくら興味のない女が来ても好きな女がこっちを見なかったら意味ねぇだろ
あなた

…意外

潤
なんで?
あなた

なんか、もっとこう…遊んでる方だと思ってた

潤
ハハッ、ひでぇな笑
あなた

ごめん…

潤
でもさ、お前だってそうだろ?
あなた

なにが?

潤
ナンパとか嫌いなタイプだろ
ていうか最初俺らに声かけられた時とか酷かったじゃん
あなた

あー、そうだね

潤
よく話せるようになったよな
あなた

まぁ、翔が悪いやつじゃないって分かったから
一緒にいるみんなも大丈夫だと思って

潤
それなら良かった
こっち見るどころか嫌われてたらさすがにきついからな
あなた

え?どういう意味?

潤
そのままの意味だよ
じゃ、俺終わったから帰るわ
あなた

あ、うん、ばいばい

潤
じゃあな
あなた

(そのままの意味って……
わかんないから明日聞けばいいか)

先生
おーい、もう下校時間だから
お前らもそろそろ帰れー
あなた

(疲れたなー、あ、図書室よらなきゃ)

急いで図書室に行ったが、翔の姿はなかったので1人で帰ることになった
あなた

(用事あったのかな、1人で帰ったの久々だわ
結構寂しいんだな、1人って)











久しぶりなのに短くてすみません
テスト週間突入するので更新頻度落ちます
テスト終わったら巻き返すのでしばしお待ちください