無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

No.22
入学してから1ヶ月経ち、体育祭が近づいてきた
みか
みか
ねぇ、あなたはなんの競技出るの?
あなた

んっとね、個人は3人4脚と100m走
団体は全部出るよ

みか
みか
そっか、私は綱取りだけだよ
あなた

綱取りって何?

みか
みか
あれだよ、短い綱を取れるだけ取るやつ
あなた

あぁ、みかは怪力だから向いてるかもね

みか
みか
怪力じゃない!こんなにか弱い子捕まえて何言ってんのよ!
あなた

か弱いって、あんたこの前力の加減間違えてシャーペンへし折ったじゃん

みか
みか
あれは私よりシャーペンが弱かったの!
あなた

…何言ってんの?頭大丈夫?

みか
みか
大丈夫だよ!
ところでさ、チアやる気ない?
あなた

やだよ、私みたいなのより可愛い子がやった方がいいに決まってる

みか
みか
…あのさ、なんであなたがイケメン集団、特に櫻井くんと一緒にいても他の女子に何も言われないのか分かってる?
あなた

逆になんで何か言われるの?

みか
みか
普通はさ、なんであいつが〜とか男好きとか言われるもんだよ
あなた

そうなんだ、でも私言われないよ?

みか
みか
だぁーかぁーらぁー、あんたが他の女子よりもずば抜けてかわいいから何も言われないの!
あなた

…私別にかわいくないよ?

みか
みか
…あんた鏡見たことある?
あなた

もちろん

みか
みか
ちょっと1発ビンタさせて
あなた

なんで!?

みか
みか
それでかわいくないとか世の女を敵にまわしてるよ!
あなた

えー…

みか
みか
とにかく!あんたはかわいいの!
ってことでチアよろしく!
あなた

はぁ?ちょっと待ってよ

みか
みか
もう実行委員には言ってあるから〜
あなた

嘘でしょ…

みかが去った後、今度は翔がニヤニヤしながら近づいてきた
あなた

…何?

翔
あなたチアやるんでしょ?
あなた

不本意ながらやることになりましたがなんでしょう

翔
俺さ、応援団やるんだよね
あなた

ほぉ、そうですか

翔
ペアになれるといいね
あなた

は?

翔
じゃあまた後で
あなた

え?どういうこと?

和也
和也
どうしました?
あなた

あ、ねぇ、応援団のペアって何?

和也
和也
あぁ、なんか応援団とチアは2人1組で応援やるらしいですよ
あなた

そうなんだ…

和也
和也
なんかありましたか?元気ないですね
あなた

え、いや、うん、ちょっとね

和也
和也
…俺には話せない?
あなた

いや、さ、ほぼ強制なんだけどチアやることになっちゃって、自分に似合わない衣装着て踊るのもなんかな、って思ってたの

和也
和也
そっか、大丈夫だよ、あなたは自分が思ってるよりかわいいから自信もちな
あなた

うん、てか口調変わったね

和也
和也
あ、うん、もう出会ってから結構たったし敬語じゃなくていいかなって思って
あなた

え?でも4人には敬語だよね

和也
和也
あの4人にはずっと敬語だから逆に戻しづらくて
あなた

そっか、まぁこっちの方が気軽に話せていっか

和也
和也
じゃあこれからはタメで話すよ
あなた

うん

みか
みか
あなたー、言い忘れてたけど今日から衣装作りあるから
あなた

うっそ、それ早く言ってよ!

みか
みか
ごめんごめん
和也
和也
じゃあ頑張れ
あなた

うん、あ、そうだ
翔にさ、衣装作りあるから図書室で待ってて、もし用事あるなら先に帰ってって伝えといて!

和也
和也
分かった、じゃあまた明日
みか
みか
(なんで急にタメになったんだろ、まぁいいか)
和也
和也
(翔さん、あなたに待ってろって言われたら絶対待ってるんだろうな、少し邪魔するくらい許してよ、神様)
あ、翔さん、あなたが今日は衣装作りあって遅くなるから先帰っててって言ってましたよ
翔
そうか、分かった、ありがとな
和也
和也
いえ、気をつけて帰って下さいね
翔
おう、じゃあな






変なところですが切ります
すみません最近更新する時間がなかなかなくて…
なるべく早めに更新できるように頑張ります