無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

15日目
翔
それで、話って何?
潤
あの、さ、翔くんはあなたのことどう思ってるの?
翔
どうって…面白い子だと思ってるよ
潤
そうじゃなくて、好きかどうかを聞いてるんだけど
翔
……それは友達として?それとも恋愛対象として?
潤
恋愛対象としてだよ
翔
それを聞いて潤はどうするの?
潤
どうるするって別に…
翔
別に、何?
潤
いや、その、
翔
潤はどうなんだよ
潤
へ?
翔
あなたのこと、どう思ってんの?
潤
俺は…よくわかんないけど、多分好き……
翔
ふーん、そっか…
いやー、俺潤からこういう話聞くの初めてだなぁ
潤
ちょっと待って、俺まだ答え聞いてな…
翔
好きだよ
潤
……(やっぱりな)
翔
俺たち、これからライバルだな
潤
そう、だね
翔
じゃあ、話し終わったみたいだし俺帰るわ
潤
あ、うん、また明日
翔
おう
翔くんが帰ったあと、俺はまだベンチに残っていた
潤
あーあ、相思相愛とか俺勝ち目ねぇじゃん
どうすればいいんだよ…


〈駅〉
雅紀
雅紀
あ、電車きたよ!
みか
みか
ほんとだー、じゃあ私方向逆だからばいばい!
雅紀
雅紀
うん、ばいばーい!
智
また明日ねぇ
和也
和也
ほら、早く乗らないと行っちゃいますよ
雅紀
雅紀
やばっ、ちょっと置いてかないでよ!
智
もー、相葉ちゃんうるさぁい
みか
みか
ふふっ(かわいいなぁーってわたし何考えてんだ)
和也
和也
うわ、大野さん座った瞬間寝ちゃいましたよ
雅紀
雅紀
ほんとだ、早いねー
智
Zzz
しばらくして
雅紀
雅紀
ねぇ
和也
和也
なんですか?
雅紀
雅紀
ニノってさ、あなたのこと好きなの?
和也
和也
え?私が?あなたを?なんでですか?
雅紀
雅紀
ニノがさ、今日翔ちゃんとあなた見ててずっと辛そうな顔してたから、もしかしたらそうなのかなって
和也
和也
確かに変な気持ちにはなりましたけど…それが好きってことなんですかね?
雅紀
雅紀
多分そうだと思う
だって俺あんなニノ見たことないもん
和也
和也
ていうか相葉さんこそみかさんのことどう思ってるんですか?
雅紀
雅紀
え?みかちゃんのこと!?
和也
和也
だいぶ仲良くなってるじゃないですか
雅紀
雅紀
うん、ちょっとだけ、かわいいなって
和也
和也
顔真っ赤ですよ
雅紀
雅紀
恥ずかしいぃ
和也
和也
ふふっ、あ、もう降りる駅着きますよ
雅紀
雅紀
ほんとだ、大ちゃん、起きてー
智
んぅぅ、まだ寝るぅ
和也
和也
ダメです、終点まで行っちゃいますよ?
智
相葉ちゃん、おんぶー
雅紀
雅紀
しょうがないなぁ
和也
和也
なんでこんな絵面見せられなきゃいけないんですか…
雅紀
雅紀
大ちゃん赤ちゃんみたーい
智
Zzz
和也
和也
あ、寝ないでください!ってもう遅いか…
仕方ないから家まで送りますよ
雅紀
雅紀
えー!俺家までこの状態!?
和也
和也
大野さんを甘やかしたあなたが悪いです
私も荷物持ってるんですから我慢してください
雅紀
雅紀
はーい…




〈夜〉
和也
和也
あー、疲れたー!やっと休める
(それにしても相葉さんって結構人のこと見てるんだな、よくわかんないけど俺あなたのこと好きなのかな?まぁ明日会えば分かるだろ)
翔
(あー、さっきはビビったわー
あんなこと急に聞かれるとは思わなかったしテンパってるのバレなかったかな?
てかあなたかわいいしあなたのこと好きなやつもっといるんだろうなー、
早いうちにどうにかしないと誰かに取られたりもするだろうし…
それだけは絶対に嫌だ、どうしたもんかねー)








言い忘れてました。ニノは人と喋る時は丁寧語で一人称私ですが独り言とか心の中では一人称俺に変わります
あと題名のつけ方変えることにしました
ただ話の数が分かるようにしているだけなので話の内容と題名はまったく関係なくなります