無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2日目
あなたー!起きなさーい!
あなた

うーん、あとちょっとぉー

何言ってんの!遅刻するわよ!
あなた

はいはい、起きますよー
ってまじで時間やばいじゃん!

だから言ってるじゃないの!
あなた

やばいやばい
行ってきまーす!
(あ、でもあと15分あるから大丈夫か)

なぜ大丈夫かって?
私が通っている高校は徒歩圏内なので寝坊しても走れば間に合うのだ!( *¯ ꒳¯*)✨
とは言ってもやっぱり時間はないわけで…



キーンコーンカズシャァァァァァァ
と、チャイムと同時にスライディングで教室に入った
あなた

よっしゃ!セーフ!

先生
残念ながらアウトだあなた
あなた

えー!なんでなんで!?
なり終わる前に教室入ったじゃん!

先生
うちの学校は"鳴る前に着席する"のがルールなんだよなぁ
あなた

そんなの初めて聞いたー

先生
生徒手帳に書いてあるわ!
クラス全員
ブッッアハハハハハ、もうあなたさいこー
あなた

みんな!笑わないでよぉー

みか
みか
あんた初日からやらかすね〜笑
あなた

みかまで!酷い!
めっちゃ走ってきたのに!

クラス全員
アッハッハッハハハハ
あなた

もぉー、みんな嫌い!

なんでこんなに空気が緩いのかと言うと、
うちの学校クラス変わらないんで、3年間ずっと、まじもう飽きるわ!って感じ
と言うわけで多少変なことして笑われようが痛くも痒くもないわ!ってみんな思ってる
先生
とりあえずSHR終わりにするぞー
クラス全員
  はーい
先生が職員室に戻ったあと
あなた

(あれ?なんか知らない人がいる)
ねえみか、あの人達誰?

みか
みか
あ、そうそうこれが昨日言ってたお楽しみだよー
あなた

あー!あれか!さてさて説明して貰いましょう

みか
みか
えっとねー…


















今回はここで切ります
さてさて、一体誰が出でくるのでしょうか
お楽しみにー