無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第39話

危 機
あなたside






トントン



ガチャ





「美 少年ー!!!」




那須『おわぁ、あなたちゃん』




まゆ『え?あなたちゃんっ、』




照『あ、いた』




やっぱりねー、ほら!


私って天才?!((調子乗るな




まゆ『何の用でしょぉか』




目黒『鍵下さい』




まゆ『イケメンさぁん♡』




目黒『良いから早く』




まゆ『それは無理です…っ』




康二『はよ貸せや』




まゆ『嫌ですって!』




照『こうなったら無理矢理でも…』




「照くん待って!
照くん力強いから無理矢理取ったら危ないって」




照『でも…』




ラウール『早く貸してくださいって!』




まゆ『嫌よ!』











そう言い合ってる奥で美少年が何か話していた。


なんかまゆの方ずっと見てるけど


何してんだろ?






佐藤『鍵ってこれですか?』




「え?」




龍我くんの手には鍵が。




まゆ『ちょ、貴方関係ないでしょ!!』




那須『関係ありますよ。あなたちゃんの事なんで』




「那須くん…」





藤井『さっきまでまゆちゃんの事そんな悪い人じゃないじゃんって思ってたけど、全然そうじゃなかった。』




まゆ『……っ、』





ラウール『美少年の皆、ありがとう!』




浮所『俺達はただ、あなたちゃんを助けたかっただけですから。』




「まじさんきゅ!!」





金指『あなたちゃん、SixTONESさんの事助けてあげてください。』





「え?なんでそれ知ってるの?」





岩﨑『もう事務所内でとっくにニュースなってますよ』




「そんな大事になってるんだ…」




目黒『ほら、早く!』




「あ、うん!皆ありがとね!」




まゆ『クソ……』




美 少年『ばいばーい!』
























「鍵は見つかったから、後は部屋チームだね」




ラウール『翔太くんからはまだ連絡無いです』




「そっか……まだ見つけられてないのか…」




目黒『俺達も探すの手伝う?』




康二『せやな』




照『じゃあ行こうぜ!』




「うん!」