無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

勉 強
あなたside







ちーっす!高橋でーっす!



テスト1週間前でぇす!









「やべ……ここ全然分かんねぇ…」




優吾『お、あなた勉強中?』




「テスト1週間前なの」




優吾『おわー、大変だ』




ジェシー『おい!誰か俺のプリン食べただろ?!』




大我『俺違う!』




樹『俺も食ってないよ』




北斗『俺も違う』




優吾『俺知らねぇよ』




慎太郎『……』




ジェシー『慎太郎!!!お前何してくれてんだよ!!』




慎太郎『だって腹減ってたんだよぉ!』




ジェシー『でも俺のプリン勝手に食うなよ!!』




慎太郎『だってジェシーのだって知らなかったし!』



ジェシー『俺のじゃないって分からなくても人の物は勝手に食わねぇだろ!!』




もううっさいなぁ…


こっちはな!中々勉強する時間なくて焦ってんだよ!!



大変なんだよおぉお!!




樹『末っ子たちの喧嘩…(笑)』




大我『喧嘩の内容が子供、笑』




ジェシー『早く買ってきて!』




慎太郎『えぇ。お金無い』




ジェシー『あるだろ?!』




慎太郎『ねぇんだよ!!』




ジェシー『何でだよ!!』




慎太郎『知らねぇよ!!』




ジェシー『引っ張り出してこいよ!!』




慎太郎『だからねぇんだよ!!』




「お前らうるせぇんだよ!!」




ジェシー『じゃああなた買ってきて』




「何でそうなんだよ!!」




慎太郎『あ、いいじゃんそれ!』




「良くねぇし。」




ジェシー『もぉぉぉ!!!!』




「こっちがもぉぉぉ!!!!だわ!」




慎太郎『まぁまぁ、あなたうるさい』





「誰のせいだと思ってんじゃ」




ジェシー『慎太郎のせい』




慎太郎『ジェシーのせい』




「2人とものせい!」




北斗『お前ら落ち着けよ』




「落ち着けないんだよ」




優吾『とりあえず、あなたは勉強してるらしいからジェシーと慎太郎は静かにしてあげて』





ジェシー『あ、勉強中だった??あなた普段勉強しないから勉強してると思わなかった、
ごめんね、あなた』




慎太郎『そーりーそーりーひげそーりー』





「ジェシーは良いけど慎太郎は反省する気無いだろ」




慎太郎『してますよぉぉぉ!!ごめんなさいねぇー』




「静かにしてくれるんだったら許す」




ジェシー/慎太郎『する!』




樹『あなた、勉強分かる?』




「社会以外は!←」




樹『しゃぁない、社会教えてやるよ』




「まじで?!ありがとおお!!助かる!」




大我『あ、俺も!』




「大我もありがとね!」




ジェシー/慎太郎『俺も!』




「そんな人数いらないって‪w」




ジェシー『じゃ、俺教えるー』




慎太郎『俺でしょ!』




ジェシー『俺の方が頭いいもん!』




慎太郎『俺の方が教え方うまいもん!』




ジェシー『俺に教えさせて!!』




慎太郎『嫌ですぅー』




ジェシー『はぁ?』




慎太郎『はぁ?』




「だからな……
お前ら静かに知ろっつってんだろ!!!」




ジェシー/慎太郎『ビビった…』














今日もうるさい末ズ達でした←