無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第51話

衣 装
あなたside








ただ廊下歩いてるだけなのに


めちゃ視線感じるのは何故でしょ、


私ランウェイでも歩いてるんですかね?←








「この衣装イヤァァァァァァ!!!」




ジェシー『早く終わらせるから、笑』




大我『頑張れよー』




「何かめっちゃ後ろから視線感じるんすけど」




樹『じー』




「キモイ見んな」




北斗『じー』




「ほっくんまでぇぇぇぇ!!!泣」




優吾『辞めなさいそこ2人』




慎太郎『あなためちゃ嫌がってんじゃん(笑)』




「そりゃ嫌でしょ、何でこんなエロいの着なきゃいかんの」




大我『ドンマイ』




「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ、泣」




大我『はいはい、笑』




慎太郎『やばいよ、泣いちゃうよ(笑)』




「さすがに泣かんわ」




ジェシー『泣きそうだったじゃん』




「もう早く行くよ!!!!」




ジェシー『はぁい(笑)』











































































まぁ色々あったけど


何とか撮影乗り切りましたお!!!


頑張った自分に大きな拍手!!!←









「はぁ…終わったァァァァァァ!!!」




大我『お疲れ様〜』




樹『楽しかったな!』




北斗『だな!』




「それはお前ら2人だけだよ」




慎太郎『変態〜』




ジェシー『お前もな』




慎太郎『そう言ってるお前もな』




「もうSixTONES私以外みんな変態じゃん」




優吾『案外あなたも人の事言えないよ?』




「うるせぇ」