無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

Snow Man
あなたside





やほーい

今日も可愛いあなたちゃんだよーーう



今日は少クラの収録に来てまーす


まじ寝みぃ←





「ふぁ〜…」((あくび




樹『あなた、眠そうだな(笑)』




ジェシー『またお前2時間しか寝てねぇの??』




「昨日はちゃんと寝たわ。3時間ぐらい」




北斗『3時間でもすくねぇよ(笑)』




「てかまだ収録まで時間ある?」




優吾『まだ全然あるよー。』




「楽屋回ってくるわ」




大我『俺も行く』




「何で着いてくんじゃアホ」




大我『アホにアホって言われたくないわ、バカ!』




「誰がバカだ、あ"?」




大我『あなたに向かって言ってんの!』




慎太郎『すぐくだらない喧嘩始める(笑)もう2人ともバカってことで。ね?』




大我&あなた『俺/私はバカじゃない!!』




樹『ぶっ(笑)ハモってる(笑)』




「もう行ってくるし」




ガチャ




さーてと、どこ行こーかなー


美 少年??

HiHi??

なにわ??



まぁ、Snow Man行くんですけどね←















トントン




ふっか『はーい…って、あなた?!』



わぁ、ふっかさん←



康二『え?!あなたやん!!』



阿部ちゃん『久しぶりだねー』



「久々だねぇえ!」



舘様『あなた、元気だった?』



「ばりばり元気でっす☆」



さっくん『まぁバカは風邪ひかないもんな(笑)』



「だからバカじゃないっつーの!」



さっくん『ははっ(笑)』



照『あ、そういえば翔太があなたに渡したいものあるって言ってたな…』



「え?しょっぴーが?」



ラウ『そういえば言ってましたね!!』



「うわぁぁラウたん可愛い好き天使♡♡」



愛しのラウたんんんん!!♡♡

もう顔ちっさすぎるのおおお



目黒『ねぇ、俺は?』



「ラウたぁぁぁん♡♡」((無視



目黒『ねぇ無視?ねぇ酷くない?』



康二『無視されてやーんのっ』



舘様『あなた、ずっとラウールに会いたがってたもんな(笑)』



「そーなんすよ、(笑)」



ラウ『ほんとですか??僕も会いたかったです!!』



「なぁー♡無理死ぬ可愛すぎ」



さっくん『あなたデレデレじゃん(笑)』



阿部ちゃん『あなたー?しょっぴー探さないで大丈夫??』



「あー、そかそか。しょっぴーどこにいるの?」



照『すぐそこの自販機に飲み物買いに行ったよー』



「あざっす!行ってきまっす!」



ラウ『1人で大丈夫ですか??』



「ラウたん変な事に巻き込みたく無いから一人で行く←」



目黒『あなた、ゴリラだから何があっても大丈夫だよ』



「女子に向かってゴリラとか言うかよ普通」



目黒『だってゴリラじゃん。よくうほうほ言ってるじゃん。』



「うほうほ言うのふっかぐらいだろ」



ふっか『何で俺なんだよ』



さっくん『そういえば、ゴリラの本名"ゴリラゴリラ"って言うらしいよー』



さっくん以外『……』



さっくん『なぜ黙る』




「……。じゃあ行くね、ありがとー」




Snow Man-翔太『ばいばーい』






しょっぴーの所に向かいに行きます()

てか渡したいものって何だろ??



良い物期待してます、翔太くん♡♡←