無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

家 で
あなたside








あの後、私とほっくんはアイツの所に行った。







ガチャ





樹『あなた…』




優吾『…』




まゆ『あなたちゃん……ひどいですよっ、グスッ』




そう言いながら膝を抑えるまゆ。


私、膝殴った覚えないんすけど()


自作自演ワロタ←




「お前、自作自演すんなし」




まゆ『あなたちゃん、忘れちゃったんだね…あの時殴ったでしょう?私の事…』




「それはお前じゃなくて?」





大我『え?!((大声』




慎太郎『そんな驚く?』




「お前に殴られたとこ、まだ痛いんだけど((ほっぺの絆創膏を取る」




まゆ『……っっ!!』





ジェシー『うわ…痛そう…』





「後さ…、メンバーはお前の彼氏になるつもりねぇよ?」





まゆ『待って…、それ以上言わないで……!!』





優吾『彼氏?』





まゆ『優吾くん、違うの!!コレはあなたちゃんの嘘なの!!』





「コイツは新しい彼氏を作るためにジャニーズ入ったんだって。だから今、皆狙われてるの。コイツに。」





ジェシー『そうなの、?』





まゆ『違うの!本当に違うの!あなたちゃん、嘘ばっかり、!』





「それはお前だろ」





まゆ『………違うって言ってるじゃない!あなたちゃんは全部嘘言ってるのよ?皆信じないで!!』






北斗『だから、あなたは嘘つく人間じゃねぇって』





大我『ごめんなぁ、俺はあなたしか信じられない』




慎太郎『俺らずっと一緒だし。』





ジェシー『何年の付き合いだっけぇ??』





優吾『今ソレはいいんだよ!(笑)』





樹『まゆちゃん、ホントの事言おっか』


































まゆ『………………………みーんなあなたちゃんの味方か……………』











なんかヤバい感じがしますね←















まゆ『お前まじ消えろっ、、!!!』














そうやって殴りかかってきたまゆ、






ヤバいっ…………、









SixTONES-あなた『あなた!!!!』