無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

危 機
あなたside





うわぁぁぁ


今日は雑誌の撮影でしたぁぁぁ


疲れたぁぁぁ


早く楽屋戻って寝たぁぁぁい






ガチャ






??『あっ!あなたちゃぁん!!♡』




え………



何で…………………
















もう皆さん口調でお分かりかと思いますけど


そうです、アイツが何故か私達の楽屋にいたんです、






もう退所したはずの









"川口まゆ"が___






樹『お前、退所したよな?』




まゆ『はいっ!で、また戻ってきました♡』




大我『何で?』




まゆ『なんか、事務所のお偉いさんに戻ってきてほしいって言われたんで!』




慎太郎『お偉いさん?』




まゆ『はいっ!まぁ、それだけじゃ無いんですけどねぇ……』




ジェシー『お前、あなたに手出すなよ?』




まゆ『分かってますよぉ!!アハハ……』





わぁぁめちゃ睨まれてるぅぅぅ



あいつと2人きりになったら終わりですね、



てかお偉いさん頭おかしいだろ



何でこいつ戻ってこさせるんだよ



アホかぁぁあ!!!←




まゆ『今日からまたSixTONESに復帰ということで!お願いしますねぇぇ♡』




SixTONES『……』




まゆ『無視……ですか……?』




北斗『俺、こいつ戻ってくるの受け入れらんない』




慎太郎『それな』




樹『無理だよ、こいつと活動』




ジェシー『お前がいても、邪魔なだけなんだよ』




優吾『あ、ちょ…ジェシー、言い過ぎじゃない?』




慎太郎『ほんとのことじゃん。どうせまたあなたの事苦しめたいだけだろ?』




まゆ『もうあの頃の自分とはおさらばしたんで!あなたちゃんにはもう変なことしませんよ?』




優吾『そうやって言ってまたやるよね?』




まゆ『やらないですよ!信じてくれないんですか?』




大我『君のことは信じられないんだよ』




まゆ『何でですか………』




ジェシー『過去にあなたに変なことしただろ?俺らに嘘もついて、』





まゆ『もうほんっとにしないんで!あなたちゃん、あの時はごめんなさいっっ、』






















「許すわけ無いじゃん」
















ただごめんねって言っただけで許されると思ってんの?



あの時のこと、私は忘れられないから


























大我『あなた…』





まゆ『………私、あなたちゃんと一緒に活動したいのに……』





「私はしたくないから、」





樹『…………まぁ、とりあえず俺らはあなたの味方なんで。』





優吾『変なことしたら許さねぇ』





慎太郎『分かったな?』





まゆ『はい………』





北斗『行くぞ、あなた。』





「うん、」






皆、私に味方してくれるのは嬉しいんだよ?



けど、また暴力が酷くなるんだよね



もういじめられるのは分かってる。



でもそれでみんなに頼ったらまたエスカレートする。



もうさ、、
































事務所、辞めようかな…、