無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

日 常
あなたside





どもー。高橋だよーう


シェアハウス1日目。



あれから荷造りやらなにやら大変だったんだから!!←





ジェシー『あなたー、降りてきてー。部屋割り決めるよー。』




あ、この家二階建てなんですけどすっげぇ広いんですよ()



「今行くー」



















樹『うっし。あなたも来たんで部屋割り決めるぞー』



大我『俺の部屋はあなたの隣。』



慎太郎『だーめ。俺があなたの隣の部屋!!』



北斗『お前ら勝手に話進めんなよ(笑)』



「ほんとだよ。私にも決めさせろや」



大我『じゃあ逆に聞くけどあなたは誰の隣の部屋が良いの?』



「え?まぁ誰でも良いんだけど」



SixTONES『おい(笑)』



「じゃあ1人ずつ希望聞いていこーよ。大我と慎太郎は私の隣希望なのね?で、他は?」



樹『え、俺もあなたの隣の部屋が良い』


優吾&ジェス&北斗『俺もー』


「うわ、まじかよ」




まさか6人全員私の隣が良いとはねぇ

私、モテモテじゃね??♡♡←

なんかすみませんねぇ((黙れ



「じゃあじゃんけんして、勝った人が私の隣の部屋。」



北斗『そうきたか』



「え、WESTさん?」



北斗『ちげぇよ(笑)』



「てかWESTさんの新曲良すぎじゃない?」



北斗『あ、だよねだよね』



「今度一緒にCD買いに行こうよ」



北斗『ごめん、俺もう買ってある』



「おいくそぉぉぉ」



北斗『ごめんって(笑)』









大我『ねぇ、早くしてよー』



「あー、忘れてたわ」



樹『やっぱ俺って仕切るの上手いんだなぁ』



「初めて仕切りやるから仕方ないでしょーが!」



優吾『もういいから早くして!!』



「ごめんごめん(笑)じゃいくよー?最初はぐー、」



ジェシー&慎太郎『ジャーン!!』



樹『やると思った(笑)』



「お前らなぁ、真面目にやれよ!!」



北斗『お前もな、』



「え?」



大我『次は真面目にやろ』



私は最初から真面目ですけどね??((どこかだBy慎太郎



「はーい、最初はぐー、じゃんけんぽんっっ!!」




ジェシー&慎太郎&優吾→ちょき


大我&樹&北斗→ぐー




「あっ、B型トリオが勝ち!!」



ジェシー『くそぉぉぉ』



優吾『悔しい』



慎太郎『え?これ3回戦だよね?ね?』



「ちげぇよ(笑)」



大我『もう勝つ気しかしないよー』



「それはどーでしょね。次いくよー、最初はぐー、じゃんけんぽんっっ!!」




樹&大我→ぱー


北斗→ちょき




「あっ、ほっくんじゃ」



北斗『やた!!』



大我『…』



樹『俺別に良いし。きょもいるもん←』



大我『俺にはあなたがいるの!!』



樹『それ言ったら俺にだってあなたいるもん!!』



慎太郎『あああ、喧嘩始めないでー(笑)』



北斗『そーだよおお!』



樹『もう北斗嫌い』



北斗『何でそーなるの』



「まぁまぁ(笑)よろしくね、ほっくん」



北斗『よろしくー』





ジェシー『まぁ別に一緒の部屋っていう訳でも無いですしねぇ』


樹『ただ隣同士っていうだけ、』


大我『俺らだってあなたと同じ家に住めてるもん』


優吾『まぁ俺も言っちゃえばあなたと案外部屋近い方だし』


慎太郎『会いたきゃいつでも会えるもん。』





「おーい?皆ー?」



大我『俺もう眠いから寝る』



優吾『俺もー、』



樹『あなた、何かあったらすぐ俺の部屋来いよ??』



北斗『俺の方が部屋近いから俺のとこ来な??』



樹『は?』



北斗『は?』



「お前さんたち喧嘩辞めんかい」



慎太郎『とりあえず、おやすみなさーい』



SixTONES『おやすみー』






はぁ、今日はもう疲れましたわ(笑)

早く寝よーっと