無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第36話

危 機
あなたside









またまゆが戻ってきたことはもう事務所全体に知り渡ってて。



今はSixTONESの楽屋にいたら危ないってことでSnowManの楽屋にお邪魔してます






照『何でだろうな……』




「こっちが聞きたいわ!」




ふっか『今は危ないからね、SixTONESの楽屋いたら。』




「みんなに会いたいぃぃ…」




目黒『今だけ我慢だよ。』




「どんだけ辛い思いしなきゃいけないのさ…」




ラウール『あなたちゃん…』




阿部ちゃん『俺らも、それ以外の皆も、あなたの味方だよ。』




康二『てかさ、お偉いさんって誰なん?』




舘様『まゆをゴリ推ししてる人じゃない?』




しょっぴー『何であんなやつを…』




さっくん『お偉いさんってまゆが過去にやったこと、知ってるのかな?』




「さぁ」




ラウール『あなたちゃん、こっち来て』




「ん、」




ラウール『((ギュッ』




「ラウたん…?」




ラウール『阿部くんもさっき言ってたけど、僕も事務所のみんなも全員あなたちゃんの味方だよ。だから、何かあったらすぐ言って。僕じゃなくても誰でもいい。もうあなたちゃんが苦しんでるのは見たくないから、』




「……」





ラウール『絶対お偉いさんを説得してまゆの事辞めさせるから。あなたちゃんがまた楽しく笑って活動できるように僕達も頑張るから。』





康二『ラウール、かっこええな((小声』




目黒『俺もあんな事あなたちゃんにやってみたい((小声』





ラウール『あなたちゃんは1人じゃない。これだけは覚えておいてね。辛かったらいつでも頼って。』





「うん………ありがと」





















照『ラウールも男らしくなったな』




ふっか『ラウール、かっこよかったよ』




ラウール『僕が思ってることを言っただけです』




さっくん『うわぁぁ、成長って恐ろしい…』




舘様『あなた、あんまり溜め込むなよ?』




「おけーい。
……じゃ、行ってくるわ」




しょっぴー『辛かったら、いつでも逃げだしてきて』




「うん。みんな、ありがとね!
じゃ、」




ガチャ






もう、あいつには負けないから。









┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


ーあなたが出ていったあとのSnowManの楽屋ー





ラウール『あなたちゃん、いい匂いした』




目黒『ラウール変態かよ(笑)』




康二『ラウールハグしよ』




ラウール『何で?!』




康二『俺もあなたとハグしたかった。だから間接ハグ!!』




目黒『俺もする!』





ふっか『やべぇな、アイツら』





阿部ちゃん『ふっかも人の事言えないよ?(笑)』





ふっか『え?』




阿部ちゃん『え?』