無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第52話

タ コ パ
あなたside






はい、今家なうなんですが、


凄い事になっております












大吾『あぁぁ!焦げちゃいますって!』




大我『うるさいなぁ!』




優吾『大我にやらせたのが間違いだよ』




道枝『確かに…((小声』




大我『聞こえてるよ!』








何となにわちゃんとタコパなうぴっぴなんです



で、大我にたこ焼きを作らせたら



凄いことになった…と言うことでございます!!✩←








流星『ちょ!タコ入れすぎちゃいます?』




大我『流星しーっ!』




藤原『大我、変わろか?』




大我『良いの!俺できる!』




「もぉー。大我、貸してみ?」




大我『うん』




慎太郎『きょも、あなたになると素直だなぁ(笑)』




樹『んな』








わし案外料理できるんすよネ✩←


なにせ普段大男6人分の飯作ってますから!!









恭平『あなた、料理上手いんやな』




大橋『意外やな!』




「意外ってなんだし」




大橋『料理できひんと思ってた』




「はぁ?どーゆー意味それ」




大橋『なんかできなさそうやなーって』




「出来るわボケぇぇ!」




大橋『ボケにボケって言われたないわ!!』




「絶対大橋の方がボケだぞ」




大橋『はぁぁあ??絶対あなたの方がボケ!!』




「私頭いいし〜」




大橋『絶対俺の方がいい!』




「じゃあ今度勝負するか?」




大橋『ええよ、別に!俺勝っちゃうけどなー』




「勝手に言っとけ」









優吾『ねぇあなた!焦げてる!!』




「あぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」






絶対コレ焦げたのおーはしのせいだかんな!!←







「もう何してんの大橋ー!」




大橋『何で俺なん?!』




「お前がボケボケうっさいからぁぁあ!!」




大橋『何でボケに向かってボケって言ったらアカンの』




「うるせぇ!」















長尾『ずっとあそこ喧嘩しとる(笑)』




道枝『多分やけどな、あなたの方が頭いいと思う』




長尾『それ俺も思った』




北斗『いや、分かんないよ?笑』




長尾&道枝『え?』




北斗『案外あなたもバカだし』




長尾『そーなんだ、笑』




ジェシー『AHAHAHAHAHA!!』




北斗『今笑うポイントあった?』