無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

デ レ デ レ
あなたside







どもっ!天使よりも可愛い高橋でーーすっ♡♡


うわ、自分でやって吐きそう、←





てか、皆聞いてよおお




北斗『あなたーっ、ぎゅーして』




「大我としてよ」




大我『え、なんで俺』





北斗がお酒飲みすぎて酔ってるんです、

だからあんな飲むなって言ったのに…




樹『北斗がいつもの北斗じゃない…』




北斗『あなた好きぃ』




「こんなんほっくんじゃない」




慎太郎『ったく…(笑)』




ジェシー『あなた、気をつけてね(笑)』




北斗『あなた〜。((ハグする』




「おぉ、」




大我『北斗離れろ』




優吾『今は北斗に何言っても無駄だよ』




北斗『((強くあなたを抱きしめる』




「うぇぇ、ほっくん…」




樹『おいおい、北斗やべぇな』




大我『……』




ジェシー『ほら、もう大我拗ねちゃう』




慎太郎『北斗、酔ったらあなたにデレデレだね』




北斗『あなたかあいい〜』




「ほっくん顔赤すぎない?、」




優吾『だね』




北斗『あなたは俺のものだよねぇ〜((あなたの膝の上に乗っかる』




「ちょ、ほっくん?!」




樹『あー、もうほら降りて』




大我『早く降りてよ!!』




北斗『俺はあなたから離れないし〜』




ジェシー『うわ、コイツ力強っ』((北斗をどかそうとする




ほっくん力強すぎるって……

膝痛いんすけどぉぉ!!




「膝死ぬ」




樹『今どかすから、』




大我『みんなでせーのっ』




((5人で北斗をどかす





「はぁ……重かった…」




大我『あなたお疲れ!』




慎太郎『北斗ー?大丈夫かー?』




北斗『あなた待って〜』




「え?!ちょ、」




ほっくんが追いかけてきたァァァ


足速いよ…、




北斗『つかまーえたっ、』




「はぁ……」




北斗『もう逃がさないぞぉ〜』




樹『北斗、早くあなた離せ』




大我『もぉお!!!』




慎太郎『北斗、辞めんさい』




北斗『あなた、一緒にベッド行こぉ〜』




「無理((即答」




樹『北斗ダメ!』




北斗((あなたを寝室へ連れていこうとする




慎太郎『バカ、辞めろ』




ジェシー『北斗、水飲んで』




大我『あなたはもう自分の部屋行ってて。危ないから←』




「うん」




北斗『あなたどこ行くの〜!!』




「ちょ、何で追いかけてくんの!」




樹『あなた、早く!((北斗をおさえてる』



「うん、」






うわぁぁぁ、疲れるって


ほっくん酔うとあんなんになるんだねぇ


てかあれは酔いすぎよね‪w





あのほっくん少し可愛かったなって思ってたとか絶対言わないから!!!!←