無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第49話

ぴ え ん (?)
あなたside






突然なんですけど、質問して良いですか??





































ここどこ??←






















状況説明いたしますと


今日久々のオフだったんで、


なにわちゃんに会いに大阪に行こう!!


って思って大阪に来たら迷っちゃいました♡←









メンバー全員は東京にいるんで迎えに来れないんですよ、



てかなにわちゃんの居場所も知らんし←おい














「え、どーしよ」













え?グー○ルマップがあるじゃんって?


私地図とか見れないんですよ、←


携帯も残り23パー。


終わったァァァァァァァァァァァァ






























??『あれ?あなた??』


















どうしようか迷っていたら


後ろから聞き覚えのある声が。


振り返ってみると……











「あぁぁぁぁぁあ!!流星!!!!」




流星『何してるん?てか何で大阪に?』




「なにわちゃんに会いたかったから?」




流星『他のメンバーさん達は?』




「Tokyo」




流星『もしかして、ここまで1人で?!』




「いぇっす」




流星『嘘やろ?!よくあなたが1人で大阪まで来れたなぁ』




「それはどーゆー意味でしょか」




流星『なんでもなぁい』




「てか早くなにわちゃん達に会わせて!!」













流星『ごめんなんやけど、今日みんなオフやで…?』




「……………は?」














え、待って?



ここまで来てなにわちゃんオフ?!


まさかのオフ?!まじでオフ?!


死んだァァァァァァァァ


















「そんなぁぁぁぁぁぁ!!!」




流星『連絡くれたら呼んでおいたのに』




「だって………」




流星『てかあなた、何時までに帰らなあかんの?』




「6時には帰ってこいよーって言われた」




流星『今4時やで??』




「まーじかっ」




流星『駅まで送っていこか?』




「うぅ……まじぴえん………←」




流星『ぴえんの使い方あってるん?笑』




「さぁ」




流星『とりあえずはよ行かんと間に合わんで?』




「くそぉぉぉぉぉお」




流星『また今度遊びに来たらええやん。その時はちゃんと連絡するんやで?』




「はぁい」




流星『ほら、行こ』




「うん」














流星に手を引っ張られ動く足。


待って、流星 足速くね?!←

































流星『着いたでー、』




「何でいきなり走んの…ハァ…」




流星『間に合わんかなーって思って。じゃあ、ばいばい!!』




「今度来る時はちゃんと連絡します」




流星『そうしなさい(笑)』




「じゃ、ばいばい!ありがとね!」




流星『うん!ばいばーい!』

















つか思ったんだけどさ、


これ普通に交通費無駄じゃん←