無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

ラ ウ た ん
あなたside






みんなぁぁ!!

高橋です!!高橋です!!(なぜ2回言った


今日は



なんと!!!



なんと!!!



なんと!!!((はよ言え




愛しきラウたんとデートなんですぅ♡♡

はい、もう今日命日ですね、←







『あなたちゃーん!!』




この可愛い声は……




「ぎゃぁぁぁぁぁあ!!!ラウたん!!!♡♡」




ラウール『あなたちゃん、静かに!(笑)』




「あれ?ラウたん、髪型変わった??」




ラウール『気づいてくれた!!あなたちゃんと出かけるからちょっと髪型変えたの!』




「そなの〜?もう好き!←」




ラウール『あなたちゃん、どこ行きたい?』




「ラウたんはどこ行きたい?」




ラウール『あなたちゃんが行きたい場所!!』




「マジ天使かよ」




ラウール『そんな僕可愛いかな?』




「私からしたらもう天使以上の存在」




ラウール『そっかぁ…
………あ!で、どこ行きたい??』




「ラウたんタピオカ飲める??」




ラウール『言うと思った‪w
タピオカ大好き!!』




「じゃ、タピオカ飲みに行こ!!」




ラウール『うん!』






ラウたんは本当に男かね??


クソかわじゃん


毎日一緒にいるSnowManのメンバーが羨ましいわ!!


特に目黒ぉぉぉ!!!((え?俺?By目黒



SixTONESにも可愛い子ほしいよ……


あ、私がいるわ((黙れ





ラウール『ここ、照くんが美味しいって言ってた!』




「んじゃ、ここにしよっか」




ラウール『だね!』






















「はぁ〜!!美味しかった!!」




ラウール『ね!』




「照くんにあざっすって言っておいて!」




ラウール『了解!!』




「ラウたんとイルミネーション見に行きたいなぁ……((小声」




ラウール『行く?』




「聞こえてた?!」




ラウール『うん。イルミネーション、見に行く?』




「良いの?」




ラウール『もちろん!僕もあなたちゃんと見に行きたかった!』






もう可愛いしかでてこないわ…



てかラウたん足長すぎて



めちゃ私短足に見えるんですけどぉぉ?!



まぁ可愛いから許すんだけど←



とりあえずイルミネーションれっつごぉぉ!!