無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

翔 太 く ん
あなたside







しょっぴー、近くの自販機にいるって言ってたよね?


まず、近くの自販機ってどこ??←


詳しく場所聞いとけばよかった…








??『あれ?あなた?』




「あ、紫耀じゃないですかい」




なんと本物のゴリラに遭遇いたしました((誰がゴリラだおいBy紫耀




紫耀『お久ー。何してるの?こんなとこで。』




「いやぁ、しょっぴー探してるんだけどいなくてさ」




紫耀『後ろの自販機にいる人は?』




「あ、いた←」




なんとですねなんとですね ()

後ろに自販機があるのに気が付かず、ずっと探しておりました←




紫耀『え、バカ?(笑)』




「あんたに1番言われたくない」




紫耀『俺、とりあえずトイレ漏れそうだから行くね』




「漏らすなよ?!」





紫耀『漏らさねぇよ!(笑)』






まさかずっとトイレ我慢してたのかな(笑)

って言ってるうちもトイレ行きたくなってきたんですけど←





「しょっぴーぃぃぃ!!!!」




翔太『あ、あなた!!探してたんだよー、』




「私も探してたんだよー。で、渡したいものって何??♡」




翔太『照から聞いたの?(笑)コレコレ、』




と言ってバッグから何かを取り出したしょぴ男くん。((しょぴ男って何?By翔太




翔太『この化粧水めちゃくそ使いやすいんだよ。だからあなたにも使って欲しいなーって思って。』




わーお、化粧水だーー

丁度きれてたから助かった…



「あああ!ありがとおお!」




翔太『あ、後コレ。』



んぇ?またバッグから何かを取り出したしょぴ男くん。(だからしょぴ男って何?By翔太



翔太『このブレスレット。あなたに。』




「え?貰っていいの、これ?」




バッグから水色のブレスレットを出してきたしょぴ男くん。

わああ、わしのメンカラじゃああ!!



翔太『コレ、俺とおそろだよ。俺が青であなたが水色。』




「しょっぴーとオソロとか神すぎね??ありがとう!!」




翔太『いーえ、』




「あっ、もうそろ収録の時間じゃん。また後でねー、」




翔太『オソロのブレスレット、一緒に付けようね』




「もちろぉぉん!!付けて収録出るからね!(笑)」





翔太『じゃあ俺も付けよっかな、(笑)』











よぉし、しょぴ男くんから貰ったブレスレット付けて…



収録頑張るぞッ!!!☆




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



翔太くん、お誕生日おめでとう!!


翔太くんにとって素敵な1年になりますように(><)