無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

あなたside






「ありの〜ままのぉ〜」




慎太郎『姿見せるのよ〜』




樹『お前らどうした?』




「さっきまでア○と雪の女王見てたのよ」




大我『ほぉん』




「興味無さそうだなおい」




ジェシー『((服脱ぎ始める』




「ジェシー?何してるの?」




ジェシー『これが俺のありのままの姿←』




北斗『ありのまますぎねぇか?』




優吾『こら、女子いるんだから』




ジェシー『SixTONESに女子なんていねぇよ』




「いるだろ!ここに!可愛い女の子が!!←」




ジェシー『どこ?見えないなぁ?』




「ぶっ飛ばすぞゴラ」




樹『口調は完全男子‪w』




大我『あ、やべ!!』




「どうした??」




大我『上着無くしたぁぁぁ!!』




樹『どこやっちゃったの』




大我『駅かも…』




慎太郎『もうしょうがねぇよ、諦めな』




大我『やだ!俺はあの上着無きゃいけないの!』




優吾『幼稚園児かな?‪w』




大我『樹、暇?』




樹『なんで?』




大我『上着取ってきて…』




樹『何で俺?』




大我『外寒いから出たくないの』




樹『俺だって寒いから出たくない』




大我『早く取ってきて!』




樹『やだよ!』




北斗『ワガママ(笑)』




慎太郎『女王様みたい』




「SixTONESの女王は大我だねえ」




慎太郎『樹とSixTONESの女王なんつって!‪w』




「……寒っ、」



慎太郎『少しも寒くないわー』




優吾『つまんね』




ジェシー『髙地ストレートすぎ!w』




「ビブラートにつつんで」




北斗『それを言うならオブラート』




「あ、そか←」