無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第40話

危 機
翔太side





部屋ってどこだよ…


全然見つからねぇ!





舘様『こっちはさっき探したから…
あっち探そ』




「うん」




ガヤガヤ





阿部ちゃん『ねぇ!今声聞こえなかった?』




「俺も聞こえた!」




ふっか『あっちじゃね?』




さっくん『あっちいこ!』











ガヤガヤガヤガヤ







やっぱ声聞こえる……



しかもSixTONESの声に似てる…







阿部ちゃん『あ!ここだ!』




「SixTONESー!!」




樹『あ!しょっぴー!』




大我『何で?!』




中は見えないけど、完全にSixTONESの声がする。




さっくん『あなたが、SixTONESを助けたいって。そのために俺らのとこ来たんだよ。』




北斗『あなた…』




ジェシー『あなた会いたいいい!!』




舘様『会わせてやるから』




「ラウールに連絡しといた!」




ふっか『じゃあもうすぐラウール達も来るな』




ラウール『翔太くーん!』




「早っ」




あなた『ラウたん走るの早すぎ死ぬ…』




ジェシー『あぁぁぁぁあ!!!あなた!!!』




あなた『あぁぁぁぁあ!!!皆ぁぁぁ!!!』




さっくん『2人ともうるせー‪w』




あなた『鍵開けまーす』







ガチャ







SixTONES『あなた!!!』




あなた『お久でございますね!』




樹『そうでも無いけど‪w』




北斗『あなたぎゅーして』




あなた『後でにして』




北斗『えー』




ふっか『じゃあ俺がしてやろっか?』




北斗『頑固拒否』




ふっか『えー。俺悲しい泣いちゃう』




北斗『勝手に泣いとけ』




ふっか『対応塩すぎじゃない?』




「あなた、良かったね」




あなた『うん!皆ほんとあざっした!!』




SixTONES『あざっした!』










よし!あなたもSixTONESと再会できたし、一件落着!!!


って言いたいところなんだけど…













ガチャ