無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

家 で
あなたside








ガチャ






「たでーま」




北斗『お帰り』




ジェシー『お前遅い!もう暗いじゃん!』




「ごめん、ちょっと練習しすぎた…」




優吾『てかあなた、元気無くね?なんかあった?』





え、バレてる??

でもここで言ったら皆に迷惑かかるよね、おん←





「ん?何も無いけど(笑)」




樹『……あるくせに』




「へ?」




樹『困った事あるんだったら言えよ。俺らってそんな頼りないの?』




「違う、そういう訳じゃない」




樹『じゃあ言ってみ?』




「あの……新メンバーの子……」




大我『新メンバーの子って…まゆちゃん?』




「そう。その子が…………(ガチャ」








まゆ『ただいまですぅ』




大我『まゆちゃん??、』




まゆ『社長に今日からここに住むんだよって言われたんですよっ!!凄い広いですね…♡♡』




「何で…((小声」




ジェシー『あなた?』




まゆ『あ、あなたちゃんもいるんですねぇ…。女子同士、仲良くしましょぉ♡』




「ごめん、無理」




北斗『あなたどうした??』




「………えーっと…、ごめん、部屋戻る」




慎太郎『おい、あなた?』







ガチャ






あいつがいる空間にいたくない



あいつを見たくない



あいつと関わりたくない






でも、あいつはメンバーの事狙ってるんだよね


それを知ってるのはまだ私だけ、


私がなんとかしなきゃいけないんだ


立ち上がれ!自分!←


┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


その頃、まゆ達は…




北斗side




あなた、絶対なんかある


俺らがいたまではまゆにあんな態度取ってなかった…


て事は、あなたが1人で残って練習してた時に何かあったんだな





まゆ『…………グスッ(泣)』




「まゆちゃん、どうした?」




まゆ『私、あなたちゃんと仲良くなりたいんです…なのに…』




「きっとあなたは心の整理がまだ出来てないんだよ。そのうち仲良くなれるよ」




まゆ『だと良いんですけど…。実はそれだけじゃなくて…』




慎太郎『どうしたの?』




まゆ『実は…、あなたちゃんにお前はジャニーズに必要無いって言われて…グスッ』





……嘘だ、


あなたは絶対そういう事言うやつじゃない。

口は悪いけど人を傷つけるようなことは絶対言わないやつだから、





まゆ『それを言われた後に、殴られたりもして…』



樹『どこ?』



まゆ『ここですっ…((膝を見せる』




まゆの膝にアザが出来ていた




「自作自演……か、」




慎太郎『北斗?』




「あなたはそういう事する奴じゃないって。俺ら何年一緒にいると思ってんの?」




まゆ『北斗さんっ…、信じて下さい!、』





「俺は信じられないな。ごめん」







ガチャ





俺はあなたの事が心配であの部屋を抜け出してきた







トントン




「あなた、入るよ」





ガチャ






あなた『おわぁ、ほっくん…』




「あなた、まゆになんかやられた?」




あなた『何もされてない』




「じゃあほっぺの絆創膏は何?」




あなた『あ…』




「ちゃんと言って」




あなた『…分かった。
あの……、まゆちゃんに殴られたの』




「え?」




あなた『1人で残って練習してた時にまゆちゃんが来て、"お前ジャニーズ辞めろ"って言われてその後に…』





「………ごめん、((ハグする」





あなた『ほっくん……?』





「あの時、俺も残ってれば良かったんだよね。俺のせいでまたあなたに辛い思いさせて…。
ほんっとにごめん」





あなた『別にほっくんのせいじゃない…。だから謝らないで、』






「なんかあったらすぐに言ってな?すぐ駆けつける、
それは俺以外の5人も一緒だから。俺らであなた守るから、」






あなた『ありがとね、』





「おう」












┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈




終わり方雑すぎワロタ←

さーせんんんん!!((スライディング土下座