無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第43話

危 機
あなたside







お偉いさん『持ってきました』




「え?何を?」











と言ってお偉いさんが出したのは1枚の紙。


そこには


"退職届"


と書かれていた。






まゆ『ははっ、もうあなたちゃんも終わりですねぇ♡』




康二『お前なぁ!!!』




樹『康二待って、落ち着いて』




康二『こんな状況で落ち着いてられるわけ!』


















「……いいよ、」











ラウール『あなたちゃん?』




「そんな辞めて欲しいんでしょ?だったら辞めたるわ。」




舘様『俺はそんなこと思ってない』




目黒『あなたちゃんが辞めるんだったら俺も辞める、』




「ううん、私だけでいいの。」




北斗『だめ、それは俺が無理』




「私だって、辞めたいって思ってたし。ちょうどいい機会なんじゃない?」





まゆ『あなたちゃん、大丈夫だよっ!私がちゃんと引き継ぐからねっ!♡だからもう戻ってこないでね♡』




「戻ってくるつもりないよ?‪お前みたいな奴がいる事務所なんか、来たくもない」




大我『あなた、嘘だよね…?』




「こんな所で嘘ついてどーすんの」




慎太郎『絶対いや、、』




ジェシー『SixTONESはあなたがいるから成り立つんだよ?あなたいなかったら……、』




「私居なくても皆ならへーきだよ。大丈夫。」




阿部ちゃん『あなた、ガチで言ってるの?』




「もちろん」




さっくん『無理……あなたいないって俺無理……』




ラウール『僕も嫌です、!!』




「その退職届、受け取ります。」




お偉いさん『どうぞ。案外素直でしたねぇ。』




「良い機会ですよ、笑」




まゆ『あなたちゃん、ばいばーいっ♡』




「ばいばーい!」















































「……………とでも、言うと思った?」















お偉いさん『え?』




SixTONES&SnowMan『え?』




まゆ『え?』




「え?」←




まゆ『……なっ、今辞めるって、』




「ばーか辞めるわけないじゃん。私は一生この仕事してますよー」













ラウール『………良かった……、』




「ラウたんごめんねぇえ!!騙しちゃって…」




ふっか『俺らにも謝れよおお』




「あいむそーりーひげそーりー」




ジェシー『ふざけてんな』




慎太郎『ひげそーりーひげそーりー』




樹『うるせぇ』




慎太郎『あっかんべーだ』




「こんなものはビリビリだー!←」




私は退職届をビリビリに破いた。





翔太『掃除大変なやつ』




照『ちゃんとあなたが掃除しろよ?』




「なんでよ!めんどくせぇじゃん!」




目黒『誰が破いたと思ってんの!』




「少しぐらい手伝ってくれても良くない?」




大我『めんどくさいからいやぁ』




樹『1人で頑張ってね!!!』




「お前らなぁ、こんな可愛い女の子が1人で掃除しようって言ってんのに手伝おうって言う気にはならんのか?」




康二『ならん』




「即答やめんかいボケ」




「あ、まゆちゃん!退職届出しといたからよろしくね!」




まゆ『嘘……、』




「じゃね!ハゲもばいばーい!」




お偉いさん『誰がハゲだと?!待ちなさい!!』




「ハゲはお前しかいねぇだろっ?」




樹『もうほんとに……笑
すみませんね、うちの子が』




「あんたの子になった記憶無いんすけど」




樹『俺のものになる予定だけど』




「ならんけど」




ラウール『失礼しました!』













この出来事があった翌日、まゆは退職した。


お偉いさんも仕事辞めさせられたそうな。


私は一生この仕事辞めないからね?!



引き続き、応援よろしくねぇぇ♡♡←