無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

レ ッ ス ン
あなたside



どーもっ!

高橋あなたです✩

SixTONESの紅一点やらせてもらってまっす!!



今は学校なうでーっす

あっ!言うの忘れてたけどまだ私16歳なんですよ!!高校2年生なんですよ!!

若いでしょ?ピッチピチでしょ?←




まぁ、学校は仕事あるから早退ばっかりなんですけどね…



「せんせーい」



先生『んー?どうした、高橋ー?』



「早退しまーす」



先生『あー、どーせ仕事だろ??』



「はい!」



先生『気をつけるんだぞー』




「うぃっす」




みく(友達です)『あなた、ばいばいっ!』




「じゃあねぇぇ!」





うーっし、学校終わったし

早速レッスン行きますか!!




タクシー呼ぶのめんどくさいんで、

制服のままダッシュしちゃいます✩




「とぉりゃぁぁぁぁぁぁぁ」




あ、ちなみに足の速さには自信ありありなんです!


50メートル7秒台なんで??((ドヤッ





「てか、制服走りにくっ!」



スカートバッサバッサなって邪魔なんだけどぉぉ





もう、タクシー呼んどきゃ良かったぁぁあ!





.