無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第41話

危 機
あなたside







うわぁぁぁぁい!!

みんなと再会できたぁぁぁぁい!!←




って喜んでるのもつかの間、











ガチャ







まゆ『うわぁ!皆様お揃いで♡』




「しつけー」




まゆ『しつこいのはあなたです。もうそろ事務所辞めていただきたいです』




「何回言ったら分かるかな?辞めないって」




まゆ『ジャニーズの紅一点は私なんですっ!あなたちゃんはもう必要ないから!』




樹『バカ、』




まゆ『え?』




「樹?」




樹『必要無いのはお前だろ。あなたの邪魔ばっかり。何したいの?』




まゆ『私はあなたちゃんの事をこの事務所から消したいのっ、、!!』




ジェシー『消したとしても、まゆを応援する人誰もいないと思うよ。てかまず消させねぇし。』




まゆ『はぁ?私の事応援してる人なんか何千人もいるのよっ!!』




大我『あなたは何千人じゃすまされないぐらいに応援してる子いるよ?』




まゆ『……っ、』




北斗『ライブとか水色のペンライトばっかりだもんな』




「何かすんませんねぇ」




慎太郎『うぜぇー‪w』




まゆ『私だって!私色に染めてあげるんだから!』




「ブッ‪w」




照『吹くな吹くな‪w』




「ごめちょごめちょ」





いや、だってダサすぎね?‪←


私色に染めてあげるんだからっ♡あはっ♡←






ふっか『俺らだってSnowMan色に染めてやるよ』




ラウール『ふっかさんかっこいい…』




ふっか『だろ?だろ?』




「うちらだってSixTONES色に染めてやるしぃ〜」




ジェシー『しゃきーん』




慎太郎『てれーん』




ラウール『ジェシーくんと慎太郎くんかっこいい…』




「え、そっち?こっちは?ねぇこっちは?」




北斗『うるさい』




「ぶー」




まゆ『あんたら!まさか私の事忘れてないでしょうね?』




「ごめ、そのまさか←」




まゆ『いい加減にしなさいよっ!!』




「お前がなっ☆」




慎太郎『もう!早く諦めなさいよっ!たろちゃん怒っちゃうわよ!!』




「キモ」




慎太郎『おい』




目黒『あなたちゃんストレートすぎ‪w』




さっくん『まぁでも確かにキモかった』




慎太郎『そこ聞こえてんぞ』


















まゆ『まぁ…別に良いんですけどね?笑
こっちにも味方いるんで、』







ガチャ







お偉いさん『やぁ』




「やぁ!」




樹『辞めんかい』





なんか来たよぉ!!おハゲさん!!!(失礼





「あ!噂のお偉いさん?」




お偉いさん『そうです、お偉いさんです』




翔太『自分で言っちゃうんだ‪w』




お偉いさん『噂のあなたさんですか?』




「そーですそーです」






┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


1回きりまぁす(すげぇ中途半端でさーせん!