無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

マ マ 探 し
あなたside






うぇぇぇぇえいい!!高橋参上!!!←



1人でお散歩なーう()






男の子『うぇーーん(泣)』

















え、男の子の鳴き声聞こえるんだけど



あの子かな…??















「僕、どうしたの??」



男の子『ママがいないのぉ〜(泣)』




あ、迷子になっちゃったんだね、

私も小さい頃よくなってたなぁ




「そっか…
でも大丈夫だよ、お姉ちゃんが必ず見つける」




男の子『本当……?』




「もちろん!」




男の子『ありがとう、お姉ちゃん!!』




「お名前なんて言うの??」




男の子『あゆむ、』




「あゆむくんって言うんだね。
ママとどこで離れちゃったかな??」




あゆむ『公園で遊んでたらママがいなくなっちゃってた…』




「そっか…
その公園ってどこの公園?」




あゆむ『あそこの公園』




「じゃあ1回あそこの公園行ってみよっか!」




あゆむ『うん、』




見つけるって言ってもどうやって探せばいいのか…←




あゆむ『お姉ちゃん、僕お腹空いた』




「お腹空いた??ちょっとまってて」




私は近くのコンビニにパンを買いに行った。




「はい、どーぞ」




あゆむ『ありがとう!』




うわ、可愛い

早くママの所帰らせてあげたい…




「1回ここ座ろっか」




あゆむ『うん!』




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



慎太郎side





こんちゃー!
今日も元気なたろちゃんでっす!!



いやー、散歩って楽しいよな










………って、待てよ?

アレ、あなたじゃね??



男の子とベンチ座ってる。

あれ?あなたって弟とかいたっけ??

ちょっと行ってみよーー






「あなた??」




あなた『あ、慎太郎!』




男の子『お姉ちゃん、この人だれ…?』




あなた『この人はお姉ちゃんのお友達……?みたいな…、?』




「あなた、この子は??」




あなた『この子、ママとはぐれちゃったらしくて。今この子のママ探してたの。』




「そうなんだ。名前は?」




男の子『あゆむ!!』




「あゆむくんかぁ…いい名前じゃん」




あなた『だよね。』




「よし!俺も暇だし、探すの手伝う!」




『まじ?ありがと、助かる!』




あゆむ『お兄ちゃん、ありがとう!』




「おう!」




あなた『でももうすぐ日暮れちゃうよね、
暗くなる前に探さないと、』




あゆむ『暗いの怖い…』




「大丈夫だよ。俺もお姉ちゃんも、一生懸命探してあゆむくんのママ絶対見つけるから」




あなた『そうだよ、あゆむくん。』




あゆむ『うん、』




あなた『ママってどういう服着てた?』




あゆむ『なんか髪の毛短くて、黒いワンピース着てた。』




あなた『私、周りの人に聞いてくるから慎太郎待ってて』




「俺も聞きに行くよ、」




あゆむ『僕、お兄ちゃんに着いてく』




「分かった!」




あなた『じゃあ慎太郎はあっちお願い!私はあっちの方の人達に聞いてくる』




「おっけー!
あゆむくん、行くぜぇぇ!」




あゆむ『うん!』