無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

家 で
あなたside






SixTONES-あなた『あなた!!!』




樹『辞めろって!』










私、人生最大のピンチだぁぁぁぁ、


死ぬ……??







まゆ『うぉりゃぁぁああ!!』←

























ガシッ


















まゆ『っえ…………?』













なんとですねぇ、間一髪でまゆのパンチを掴んじゃいました()


私凄いでしょえへへ←








「危ねぇ…」




まゆ『離してよ!!』




「離さねーよっ☆」





まゆ『痛い……ウワァァァアン(泣)』





いきなり泣き出したんですけどコイツ


子供かよおい()





大我『あなたかっこいい……』




樹『流石本物のゴリラだけあるよね…』




「おい誰がゴリラじゃ
てか早く手伝えよぉぉぉ!!!」





ジェシー『あ、ごめーん(笑)
てか何すればいい??』





「あーーもう!!とりあえず警察とか呼んどけ!」





北斗『もう呼んどいたよ』





「すげぇほっくん!やっぱデキる男だ!」





北斗『へっへーん』




ガチャ




警察『警察の者ですがー』




「おまわりさーん、コイツでーす」




警察『はい、とりあえず君署まで行こっか』





まゆ『お前ら覚えとけよ』





「なんでお前の事覚えとかなきゃいけねぇんだよ
それより社会覚えねぇとヤバいんだよ←」





優吾『それはただの勉強不足』





「うるさーい」





警察『失礼しました』






ガチャ






樹『あなたーよく頑張った!』((あなたをハグする




「暑い、離れて」




樹『やーなこった』




「はぁ…」




北斗『今日ぐらいは許してやれよ』




「まぁ今日だけね?!」




樹『……』((ずっとハグしてる




大我『樹離れてよー。俺もしたい!』




「ほんとだよ!てか樹長い!」




樹『離れたくない』




「離れて下さい」




樹『いや』




慎太郎『樹そろそろ辞めろよ』




優吾『ほら、あなたも辞めろって言ってるから』




樹『仕方ねぇなぁ……』((離れる




「あー、楽々」




大我『あなたー!!』((ハグする




「あー、もおーー!!」




大我『えっへへ』




ジェシー『あなた大変そうだなぁ(笑)』




北斗『人気者ですからね』




「私、トイレ行きたいんですけど」




大我『スッ』((離れる




「いや、離れるの早くないっすか」




大我『早くトイレ行ってきなさい』




「あなたに言われたくないです」




大我『何でバレてるの…?』←ずっとトイレ我慢してた




「さっきっからモゾモゾしてるからどーせトイレだろーなーって思ってた」




慎太郎『てか最近きょもトイレ近くない??笑』




樹『もう歳??笑』




大我『ちーがーう!!』




「早く会話終わらせろ!!漏れるっつーの!」←




北斗『はぁ…お前一応女子なんだからさぁ…』




樹『あれ、男じゃなかったっけ』




「樹く〜ん??♡」




樹『ナンデモナイデス』




優吾『てか早く行ってこいよ!!』




大我『あなた早く!ここトイレ1つしか無いんだから早い者勝ちだよー!』




「あ!待てコンニャロ」




大我『あー!何で先入っちゃうの!』




「足早いだろ??」




大我『くそぉ』











┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


またまた終わり方雑すぎてすみませんでしたぁぁあ!!((スライディング土下座