無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
28
2021/08/06

第3話

3話
乙骨 憂太
は、はじめまして!
玖音 あなた
!ビクッ『は、はじめまして。』
あ、吃驚させちゃったかな....
乙骨 憂太
あ、急に話しかけてごめんね!えっと....僕の名前は乙骨 憂太おっこつ ゆうたって言います。
乙骨 憂太
えーと、な、仲良くして欲しいなっ!
わっ、本当に字を書くの早いなぁ....
玖音 あなた
『こちらこそ、仲良くしてくれたら嬉しいです。よろしくお願いします、乙骨憂太くん。』
乙骨 憂太
あ、敬語じゃなくていいよ!僕達、同級生だし....それに、仲良くしたいし....💦
玖音 あなた
『わかった。』
乙骨 憂太
あ、あの!名前で、呼んで欲しいなっ!
玖音 あなた
『憂太で良いのかな?』
乙骨 憂太
えっ、う、うん!
乙骨 憂太
えぇと....
玖音 あなた
『玖音あなた。僕も下の名前で呼んで欲しい。』
乙骨 憂太
え、と、....あなた、君!よろしくねっ!
玖音 あなた
....ビックリ)
乙骨 憂太
ど、どうしたの?あなた君、
玖音 あなた
『....なんで、男だって、思ったの?』
乙骨 憂太
え、違ったの?
玖音 あなた
『いつも、女の子だって言われたから....』
乙骨 憂太
でも、あなた君、男の子なんでしょ?
玖音 あなた
『うん。』
乙骨 憂太
なら、大丈夫だよね、?
玖音 あなた
『うん。』
乙骨 憂太
....よろしくね!
玖音 あなた
『これから、よろしく!憂太!』ニコッ
乙骨 憂太
....///あ、あなた君って字、綺麗だね
玖音 あなた
『ずっと書いてたら、上手くなるよ....多分、』
乙骨 憂太
多分なんだ....
真希
お前ら、もうそんなに仲良くなったのかよ
乙骨 憂太
あ!真希さん!
真希
私は、禪院 真希ぜんいん まきだ。苗字で呼ぶなよ
玖音 あなた
『うん。真希、よろしく。』
パンダ
俺、パンダ!よろしくな〜
玖音 あなた
『パンダは、呪骸なんだね。よろしく。』
高菜!明太子!
玖音 あなた
『うん。何かあったらよろしくね。棘』
真希
なんだお前、棘の言葉わかるのか?
玖音 あなた
『....何となく、?』
乙骨 憂太
何となくで分かるの?
玖音 あなた
『ごめん、嘘。何となくじゃなくて、確実にわかる。』
パンダ
ほぉ、珍しいな
乙骨 憂太
何で分かるの?
玖音 あなた
『....秘密!まだ教えてあげない。』フフッ
乙骨 憂太
ッ....〜///
パンダ
あれれ〜憂太さぁん、顔真っ赤じゃん〜(笑)
真希
ホントだな
しゃけ、しゃけ