無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,081
2021/12/02

第26話

め め パ パ × お 買 い 物4





嶺 亜 と 優 く ん の と こ ろ に 向 か う 途 中


“ 寄 る と こ あ る ” と 言 わ れ そ の ま ま 蓮 に 着 い て 行 く 。


蓮 は お 店 の 中 に 入 る と 店 内 を 少 し 拝 見 し て


少 し 経 っ た ぐ ら い に い き な り し ゃ が み 込 ん だ 。


そ し て 箱 を 何 個 か 手 に 持 っ た 。




『 ん ? 』


目 黒「 あ ぁ 、ゴ ム 切 れ て た か ら 。」


『 … 箱 初 め て 見 た 。』


目 黒「 は は は ッ( 笑 )」


   「 確 か に 初 め て 買 う と こ ろ 見 せ た か も( 笑 )」


   「 こ れ か ら は ど れ 使 っ て る か わ か っ た か ら あなた に 買 わ せ る の も あ り だ わ 。」


『 そ れ は や め て( 笑 )で も さ 、バ レ な い の 定 員 さ ん に 。』


目 黒「 い や 、何 回 か バ レ た( 笑 )」


   「 俺 そ い つ じ ゃ な い ん で っ て 。誤 魔 化 し て い る 。」


『 無 理 が あ る ね( 笑 )』


目 黒「 レ ジ 行 く か 。」




お 会 計 が 終 わ り 、嶺 亜 と 優 く ん が い る 場 所 に 行 く と


ア イ ス ク リ ー ム を 二 人 で 食 べ て い た 。




優「 蓮 く ん 、あなた ち ゃ ん お か え り 〜 。嶺 亜 ち ゃ ん お か え り は ? 」


嶺 亜「 お か ぁ ー り!」


優「 い い 子 。」




優 く ん は 、嶺 亜 の 頭 を 撫 で 微 笑 ん で い る 。


何 回 も 思 う が 恋 人 み た い 。




目 黒「 マ ジ で カ ッ プ ル み た い だ な 。」


優「 か っ ぷる ?良 か っ た な ぁ 嶺 亜 ち ゃ ん!」


嶺 亜「 か ぁ ぷ ぅ? い ぇ ぃ … 」


優「 蓮 く ん そ の 紙 袋 G U 〇 C I じ ゃ ん 。い い な ぁ 。」


目 黒「 優 に 買 わ ね ー よ 。お 祝 い ご と じ ゃ な け れ ば 。」


優「 お 祝 い ご と が あっ た ら 買 っ て く れ る の ? 」


目 黒「 ま ぁ な 。弟 だ し 。」


優「 優 男 じ ゃ ぁ ん 。最 高 。」


 「 あ 、嶺 亜 ち ゃ ん が 俺 ん 家 泊 ま り た い っ て 言 っ て た か ら い い 泊 ま ら し て ? 」


目 黒「 優 に 嶺 亜 の 世 話 で き ん の ? 」


優「 俺 の 事 舐 め ん な よ ッ!( 笑 )」


目 黒「 舐 め て も 美 味 し く ね ー よ( 笑 )」


『 蓮 、そ う い う こ と じ ゃ な い っ て( 笑 )』


優「 と い う こ と で 、俺 行 く ね 〜 。蓮 く ん た ち 2 人 っ き り で 楽 し ん で?? 」




優 く ん と 嶺 亜 が “ バ イ バ イ ” と 手 を 振 り な が ら 帰 っ て 行 っ た 。


そ れ に 加 え て 優 く ん は 私 に ウ ィ ン ク を し た 。









弟 く ん と お 買 い 物 の 日 P a r t 4 / 7





や る 気 u p の 🖤 タ ッ プ ご 協 力 お 願 い し ま す !


フ ォ ロ ワ ー 様 1000 に な り ま し た ✨
あ り が と う ご ざ い ま す !