無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,391
2021/10/31

第22話

め め パ パ × ハ ロ ウ ィ ン





ガ チ ャ




『 ど う ぞ ー … 』


向 井「 お 邪 魔 す る で ー !っ て … 」


佐 久 間「 え ッ ? あなた マ ジ !? 」


深 澤「 え っ っ ろ … 。」


岩 本「 い い か ら 入 る よ ー 。お 邪 魔 し ま す 。」




初 め か ら こ の 言 わ れ よ う 。




目 黒「 み ん な い ら っ し ゃ い 。」


渡 辺「 目 黒 家 は み ん な 仮 装 し て る ん だ な 。」


阿 部「 れ ー ち ゃ ん は、黒 猫 。」


宮 舘「 目 黒 は 、王 子 。」


ラ ウ「 あなた ち ゃ ん は … メ イ ド ? 」


目 黒「 正 確 に 言 え ば え っ ち な メ イ ド さ ん 。」


渡 辺「 め め や ば ぁ( 笑 )」


向 井「 王 子 っ て 消 え た 初 恋 の や つ や な ! 」


佐 久 間「 ね !そ れ 思 っ た 。」


目 黒「 い や 、俺 は あなた と 付 き 合 っ て か ら 仮 装 は こ れ だ け ど 。」


宮 舘「 目 黒 は 、あなた ち ゃ ん の 王 子 様 っ て 言 う こ と か 。」


佐 久 間「 そ う い う こ と か !? 」


    「 お ま ッ 、ひ ね っ て ん ね 。」




そ ん な こ と を 話 し て い る メ ン バ ー た ち を 無 視 し て


私 は 嶺 亜 に 魔 法 の 言 葉 を 教 え て い た 。




嶺 亜「 み ん な ぁ ! 」


   「 と り ー く ぅ お わ ー と り ー と! 」


佐 久 間「 よ ぉ し ッ ! 佐 久 間 さ ん が れ ー ち ゃ ん の 為 に 」


    「 お 菓 子 を あ げ ま す で あ り ま ー す! 」


向 井「 れ ー ち ゃ ん ほ な あ げ る わ ー ! 」


宮 舘「 素 敵 な ハ ロ ウ ィ ン を 。ど ー ぞ 。」


岩 本「 美 味 し い お 菓 子 ど う ぞ 。」


ラ ウ「 よ く 言 え ま し た ♡ ハ ッ ピ ー ハ ロ ウ ィ ン 」


深 澤「 れ ー ち ゃ ん ?? 」


   「 ミ ニ オ ン の ア イ ス だ よ ぉ ? 」


向 井「 ふ っ か さ ぁ ん ち っ ち ゃ い 子 泣 い ち ゃ い ま す よ( 笑 )」


渡 辺「 れ ー ち ゃ ん ど ー ぞ 。」


阿 部「 れ ー ち ゃ ん ど う ぞ ♡ 」


   「 ハ ロ ウ ィ ン の パ ン プ キ ン は 元 々 カ ブ で や っ て い た ん だ よ 。」


   「 面 白 い よ ね 。」


目 黒「 嶺 亜 。ど う ぞ 。」


『 ど う ぞ !』




嶺 亜「 あ り が と う !」


   「 み ん な で た べ し よ!あ い ち ゅ! 」




み ん な の お か げ で 楽 し い ハ ロ ウ ィ ン に な り ま し た 。


蓮 の せ い で ま だ 夜 は 長 く な り そ う で す ね 。( 笑 )