第27話

にじゅうさん
そうか…


やっぱり…
you
you
可面さんは悪井あなたさんですね

前にみんなから聞きました

何があったのか…

その時と同じような事を…
葉源
葉源
悪く思わないでくれよ?
you
you
…さあ
you
you
どうでしょうね
葉源
葉源
こんな時でも本当に冷静ですね

俺そんなあなたさんが中学の時からずっと好きだった
you
you
あなたなんて覚えてないわよ
葉源
葉源
だろうネ…僕も整形だし

皆からいじめられてた僕を唯一いじめないでいてくれたのは…普通に接してくれたのは

あなただけだった
you
you
そうなの、下らない
葉源
葉源
ハハハもう何もかもどうでもいいって目をしてるね

あいしてるよ
葉源が私の事を車のシートに押し付け

唇を重ねて来ようとした
you
you
フイッ  気持ちわるい…
葉源
葉源
………

顔を背け、唇を守った

が、

耳にキスを落としていく
葉源
葉源
ねぇ、僕なら守れるよ

今からでも僕が違かったって言えば…

その代わり僕らのマネージャーになって僕だけを見て
you
you
私が貴方に普通の態度しかしなかったのは

貴方がどうでも良かったから

不幸面して人にばっか助けを求めて自分は変わろうとしない…

なんの印象も持たない人だったから
葉源
葉源
っ…だ、だから
you
you
いい加減察してよ

弱くて下衆い奴に触れられるのは気持ち悪い以外の何者でもない

早く退いて
葉源
葉源
ハハハ、ハハハハハハハハハハ!!!!

もういい…その綺麗な顔がグシャグシャに歪むまで犯してやるよ
服を剥ぎとられそうになったとき

誰かが車のドアを叩いた


コンコンコンコン
葉源
葉源
っ…
ウィーーーん (窓開け)
葉源
葉源
なんですか

今取り込み中です
〇〇会社の社長
〇〇会社の社長
それは困ったなぁ

私は娘に用があって来たんだが?
葉源
葉源
⁉⁉
you
you
お父さん…
〇〇会社の社長
〇〇会社の社長
君はあなたのなんだね?
お父さんは怒っていた…

圧がすごい…
葉源
葉源
っ……
〇〇会社の社長
〇〇会社の社長
どきなさい
葉源は私からどき

父に手を取られ私は父の車に乗った
〇〇会社の社長
〇〇会社の社長
あなた、大変なことになったよ、

VLiveで可面があなたに暴力を振られたと発表した
you
you
はい、私も見ました
〇〇会社の社長
〇〇会社の社長
それだけじゃない、

あなたが華怜の娘だと…バレてしまった
you
you
えっ…?
〇〇会社の社長
〇〇会社の社長
ほら…
可面のVLiveのコメント欄に

『てかあなたって人、日本で有名な華怜の娘らしい!!!』

『まじで⁉⁉』

『でも華怜って人何年かまえに死んじゃったんだよね』

『まじかよ母親も何かやらかして自殺した説 ある』

『華怜さんのファンだったけど…華怜さんは何もしてない…』
you
you
あ、え…やめて、母さんは何もしてない…
〇〇会社の社長
〇〇会社の社長
落ち着きなさい
『てかお父さん警察官でしょ?たしか』
『そうそう!!でなんかアルコール中毒で死んだってニュースでやってた』
『ええじゃあ絶対暴力振るってた』
『え、じゃあそれで華怜さん死んじゃったの?』
『うわ、あなたもじゃあ母親と父親に似てろくでなしかもしれないね』
you
you
やめてやめてやめてやめてやめてやめてやめてやめて
〇〇会社の社長
〇〇会社の社長
もう終わりだ、落ち着きなさい
父はVLiveを切った
〇〇会社の社長
〇〇会社の社長
あなた…これからは芸能界に関わってはいけない

もちろん…BTSのマネージャーもやめなさい

可面と葉源の事はbighitの社長と私でなんとかする…

それまで隠れて暮らしなさい
もう…どうでもいい…
you
you
は…い



終わりだ



私の居場所も何もかも


また


なくなってしまった






‐ next ‐