第10話

過去の話2
353
2020/05/11 03:13
ーそんなある時、ある人と出会って、私の人生は大きく変わったー


それは、私が施設に入って、半年が経とうとする頃だった。
ある夫婦が、子供が欲しいと施設に来たのがきっかけだった、夫婦の名字は、「天羽」だった、察しのいい人だったら分かるかな。この人が未来の親になる人です。
そんな天羽夫婦が、私に話しかけてくれた、、、
ママ
ママ
ねぇ?貴方、お名前は?
あなた
あなた
えっと、あなた…
パパ
パパ
そうか!あなたか
ママ
ママ
可愛らしいい名前ね
あなた
あなた
ありがとう…
その時の私は、引っ込み思案で、人見知りで得に男の人がだめだった
だから大人が怖くて、震えてた時…天羽夫婦が言ったの
ママ
ママ
ねぇ?うちに来ない?
パパ
パパ
うちに来るか?
あなた
あなた
え?
ママ
ママ
私あなたを、たっくさん愛してあげたい、
愛情を知ってほしい
パパ
パパ
だからうちに、来ないか?
あなた
あなた
う、うん!
そこからは早かった。二人は、すぐに手続きをして、私を養子として貰ってくれた…


私は、二人のことをママ、パパと呼ぶようになった。
二人も、私にたくさんの愛情を注いでくれた、幸せで二人が大好きだった、
その頃かな?きらにあったのは。
きらら
きらら
あなた名前は?
あなた
あなた
私?
きらら
きらら
そう。私、
あなた
あなた
えっとあなただよ?
きらら
きらら
あは、なんで疑問系w
あなた
あなた
え、ノリ?
きらら
きらら
そっかー私、きらら
きらら
きらら
あ、名字は天野だよ!
あなた
あなた
よろしく!天野さん
きらら
きらら
天野さんじゃなくて、きらら!
あなた
あなた
えーときら、でいい?
きらら
きらら
いいよ〜
それからきらとは凄く仲良くなった。
そして中学生になって、部活は吹部になった、ホルンを担当して、
もすごくがんばって、練習をしてた。

朝起きてー朝練してー授業を受けてーお昼をきらと食べてー夕方練をしてー帰ってー夜ご飯食べてー
お風呂入ってー他愛もない話をしてー宿題してー寝るの繰り返し。








でも。そんな毎日は長くは続かなった…
理由はママとパパが重い病気で、倒れたからだ、
あなた
あなた
ママ!パパ!
ママ
ママ
あなた…ごめんね、貴方が成長したところ見届けられなくてッ…
ママはそう言うと泣いていてパパは、
パパ
パパ
なんであなたを養子にしたかを話すな
どうして養子にしたのかを話してくれた。
話によるとママもパパも、私を養子にもらう前には病気を患ってた、
だから、子供が出来ることがなくてママの最後のわがままだ!って、施設に来たんだって 
そこでわたしを見つけた、どこが苦しそうにしてる私を見て幸せにしてあげたい!
そう思って私を養子にしたんだ、そう言った。
ママ
ママ
最初にそれを言って良いかどうかを聞けばよかった…
ママ
ママ
あなたが苦しむんだったら、私達の子にならなければ幸せだったのかしら?
あなた
あなた
それは、違う!
あなた
あなた
私は、二人の娘てよかった!居なくなっちゃうのは辛いけど昔よりよっぽど幸せだよ!
あなた
あなた
だから、二人の娘で良かった!、ありがとう、ママパパ!
パパ
パパ
あなた。こちらこそ
ママ
ママ
私達の
パパ
パパ
俺達の
ママ、パパ
娘になってくれて、ありがとう…
そう言って、ママとパパは命を落とした…
辛くて、辛くてずーと泣いた。葬式の時でさえ、泣いていて周りの声は
全く気にならなかった。
あなた
あなた
(。ノω\。)ママ…パパ…
一週間近く、家のすみでボーッとして、動いているのは、ご飯と(ご飯といつまでも少ししか、食べてない。)お風呂、配達が来たときぐらい






そんな時、一本の電話が、かかってきた。


ーーー作者ーーー
こんばんはー最近昼夜逆転が激しい作者でぇーす!
最近全く動いてないため眠気が来ず、待ったく寝つけません!
YouTuberて、こんな感じなのかな〜と思う今日この頃です
凄い脱線してるのですが、どうですか!あなたちゃんの過去!どんなふうに書けば良いのか
分からない状態なのですが、頑張って書いてます。
電話がかかってきましたね!さて、誰でしょう〜
それでは次回は、電話の主が登場!お楽しみに〜

プリ小説オーディオドラマ