無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

64 まさかの救世主2
~あなたside~


健人が殺られる!そう思った瞬間身体が勝手に動いていた

もう偽りの姿がバレるとかどーでもいい
今は健人を守りたい
頭ん中はそれしか考えらんなかった



中島健人
中島健人
え…?姫…?
本当の私
本当の私
健人…一瞬で終わらせてやるから待ってろ
中島健人
中島健人
お前一人で…
本当の私
本当の私
こんなヤツら私一人で充分だ。お前は私に守られとけ
あと…風磨呼んどけ
中島健人
中島健人
お、おう…わかった


さて、宣言通り一瞬で終わらせてやる


玉城組頭「今日こそあの世に送ってやるからな!!」
そう言うと玉城組頭は長い刃物を出してきやがった
本当の私
本当の私
んだよ、今日は日本刀使うのかよ。クソダリィな…
玉城組頭「これは良く切れるぞ?笑」
本当の私
本当の私
ふーん…あんま興味ねえや笑
てめぇなんざ拳だけで充分だよ
玉城組頭「相変わらず口の減らねえお嬢様だな笑いいぜ?串刺しにしてやる」
中島健人
中島健人
姫、やめろ…殺されんぞお前
本当の私
本当の私
私はそう簡単に殺されねえよ笑
あと私の名前…姫じゃなくてあなただから
今まで騙してて悪かったな、健人
玉城組頭「さっきからイチャイチャしてんじゃねえよ笑お前の男か?ソイツ」
本当の私
本当の私
そうだけど?なんか文句あんのかよ
玉城組頭「ははっ、おもしれぇ笑じゃ、その彼氏くんとやらの前で散りな」
本当の私
本当の私
おうおう、出来るモンならやってみな


玉城組頭は刀を振りかざすも胴体がガラ空き。
腹目掛けて蹴ろうとしたけど…制服のスカートが長くて蹴りにくいし…とりまあの刀なんとかしねえと…


玉城組頭「オラッ死ねっ!!」
中島健人
中島健人
あなたっ!!
刀を左腕で受け止めれば右の拳で相手のこめかみ目掛けてぶん殴る

するとクリーンヒットしたのかそのまま倒れたまま動かなくなった

やべぇ…腕…結構深くやったなこれ…



中島健人
中島健人
あなた!後ろ危ねぇ!!
本当の私
本当の私
あ?…グハッ…


モロ背中に当たった衝撃
なんだよ後ろにまだ雑魚が残ってたのかよ…

不良共「てめぇ…よくも頭を…」
本当の私
本当の私
だからさ…何度言ったら分かるの?鉄パイプは振り回すモンじゃねえんだよッ、オラッ!

さすが雑魚、一発顔面殴っただけで気絶しやがった笑
あーやべ…腕と背中が痛すぎる…


本当の私
本当の私
待たせたな健人、終わったよ
中島健人
中島健人
あなたお前…馬鹿野郎ッ!!
いきなり抱き締めてきた健人
でも今は抱き締めないで欲しいかな?痛いから笑


本当の私
本当の私
健人…痛い
中島健人
中島健人
わ、悪ぃ!!
健人が私から離れたと同時に風磨が来た


中島健人
中島健人
菊池!あなたが!!
菊池風磨
菊池風磨
あなた?ぁ、お前バラしたのか!?
本当の私
本当の私
その話は後にして
悪ぃ…腕と背中やられた
あと健人…熱がある
菊池風磨
菊池風磨
お前ら…仕方ねぇ!2人まとめて屋敷帰るぞ!


こうして風磨に支えられながら屋敷に帰って行った