無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第116話

114 可愛い健人
~あなたside~



何ですか…この可愛い生き物は…


まるで子犬が私の膝の上でじゃれて遊んでるみたい



中島健人
中島健人
ん~あなたの膝気持ちいい~♡
本当の私
本当の私
それは良かった
中島健人
中島健人
受験頑張って良かった~♡
本当の私
本当の私
そうだね、お疲れさま

頭を撫でると嬉しそうに頬を緩ます健人

ふにゃってなってて可愛い



中島健人
中島健人
あなたに頭撫でて貰うとか…幸せだ俺
本当の私
本当の私
大袈裟だな、全く


ゴロンと私の方を向く健人
視線が重なり合うと自然と吸い込まれるように顔を近付かせ、ちゅっと唇に口付けた



中島健人
中島健人
あなたからキスしてくるなんて珍しいね
本当の私
本当の私
別にいいだろッ///
ご褒美なんだから
中島健人
中島健人
へへっ、ちょー嬉しい♡


健人は私のお腹に顔を埋め、グリグリと擦り付けてくる。
甘えん坊ですか、可愛いな全く


本当の私
本当の私
お腹はやめろよ笑
中島健人
中島健人
いいじゃん、細いんだから
本当の私
本当の私
そーゆー事じゃなくて…って、なにしてんだよ…ッ///


シャツの裾を捲ったと思ったらお臍の近くに口付け吸われた


中島健人
中島健人
俺の印つけたの♡
本当の私
本当の私
なんでお腹になんか付けんだよ
中島健人
中島健人
いいだろ、甘えたいんだから


なるほど…
お腹に付けるキスマークには甘えるって意味合いがあるって前に何かの雑誌で読んだな


甘えたいとか…どんだけ可愛いんだよコイツ


本当の私
本当の私
いいよ、甘えても…今日だけ特別な?///
中島健人
中島健人
やった、あなた大好き♡


またふにゃって笑ったかと思うとお腹にグリグリと顔を擦り付ける


健人のサラサラの髪を梳いていると段々動かなくなってきた



本当の私
本当の私
健人?こんなとこで寝ないでよ?
中島健人
中島健人
んー…


もう半分寝てんじゃん
毎日勉強漬けで疲れてたのかな


仕方ない、このまま少しだけ寝かしといてやるか



中島健人
中島健人
……Zzz


そのまま髪を梳いていると寝息が聞こえてきた
チラッと寝顔を覗くと…


本当の私
本当の私
……っ、///


ちょっと幼い顔してて…可愛い…
思わずキュンってしちまったじゃねえか

やべ…隠し撮りしたい
スマホスマホ…ダメだ遠いとこにある畜生ッ!


仕方ない…目に焼き付けておこ←