無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第74話

73 急な展開
~あなたside~


健人とお揃いの指輪…
普段はあまり態度に出さないようにしてるけど今は素直に喜んでおこ


本当の私
本当の私
ふふ…お揃いだね
中島健人
中島健人
嬉しいの?
本当の私
本当の私
うん、嬉しいよ?
中島健人
中島健人
俺もちょー嬉しい♡


すると健人はギュッと思いっ切り抱き締めてきた


中島健人
中島健人
今日はお前…帰したくねえな…
本当の私
本当の私
何言ってんだよ笑
もう暗くなってきたぞ?
中島健人
中島健人
そうだけど…
今日さ俺ん家、親帰って来ねえんだよ
本当の私
本当の私
ふーん、そうなんだ?
中島健人
中島健人
だからさ…今夜…俺ん家泊まらない?


ん?泊まるってなんだっけ…
泊まる…泊まる…
はっ!?それって…


本当の私
本当の私
健人の家で寝るってこと!?
中島健人
中島健人
まあ、そうだね笑
寝かせてあげれるか分からないけど
本当の私
本当の私
ちょっと待て、ご両親帰ってこないってことは…
中島健人
中島健人
一晩二人っきりだね♡


なんか…身の危険を感じるのは気の所為でしょうか…


中島健人
中島健人
明日も学校休みだし…
ねえ…だめ…?


うっ…そんな子犬みてえにウルウルした瞳で見んなよ…
私がその瞳に弱えの知ってるクセに…


本当の私
本当の私
わかった。いいよ?
中島健人
中島健人
マジで!?よっしゃ!!
んじゃ、早く俺ん家帰ろうぜ!!
本当の私
本当の私
お、おう


別に焦る必要ねえと思うんだけど何故か歩くスピードが早い健人
もっと落ち着けばいいのに笑




____





中島健人
中島健人
ただいまー
本当の私
本当の私
お邪魔しますー


健人が言ってた通り、家の中には誰もおらず静かだった

マジで一晩二人っきりで過ごすのか…
今更だけど…緊張してきた…

平常心…平常心…へいじょ…


中島健人
中島健人
あなた
本当の私
本当の私
は、はいい!?
中島健人
中島健人
なにその返事は笑
俺さ、帰ることしか考えてなくて忘れてたんだけど…晩飯どうする?
本当の私
本当の私
食材テキトーに使っていいなら私作るけど…
中島健人
中島健人
え!?マジで!?あなた作ってくれんの!?


え…なにこのリアクション
普通に飯作ってやるって言っただけなのにこんな驚くモン?


本当の私
本当の私
別にいいけど…
中島健人
中島健人
よっしゃあああああ!!



なんかすげえ喜んでるみたいだし…ま、いっか




本当の私
本当の私
で?なんか食べたいモンあるの?
中島健人
中島健人
オムライス!!


オムライス…また面倒いモノを…←


本当の私
本当の私
はいはい、わかりましたよー


まさか他人の家で飯作ることになるとは思わなかったけど…
まあ、頑張ります