無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第73話

72 またひとつ増えるキミとの思い出
~健人side~


どこか景色がキレイな雰囲気の良い所でリングを渡そうと思ったけど…結局はいつもの公園に来た

俺が初めて思いを告げたのもここだし、初めてあなたとキスをしたのもここ…
あなたにネックレスやブレスレットを渡したのもここだし…ぁ、別れを告げられたのもここだっけ…

まあとにかく、ここの公園には色々な思い出が詰まっている
だからこの場所を選んだ

今日またここで思い出が一つ増える



中島健人
中島健人
ほらあなたっ、左手出して?
本当の私
本当の私
なんで左手?カップルのペアリングって右の薬指じゃねえの?
中島健人
中島健人
だってお前って右利きだから拳振るとき右だろ?それに…左薬指は結婚指輪してるみたいだしさ…///


やべっ、なんか自分から結婚ってワード出しといて恥ずかしくなってきた
ちと引かれたかな…


本当の私
本当の私
ふーん…ま、どっちの指でも良いけど


相変わらずドライな返し…
そこは少しくらいドキッとしませんかあなたさん…


中島健人
中島健人
じゃ、嵌めるぞ…?
本当の私
本当の私
ん、


あなたの手を取りゆっくりと薬指に指輪を嵌めていく

なんか緊張するなこれ…


本当の私
本当の私
ぷっ、手震えてんぞ健人
中島健人
中島健人
るせっ、笑うなよ…こんな事すんの初めてなんだから
はい、嵌めれたよ?
本当の私
本当の私
ありがと、じゃ…次私の番な?


あなたも俺の手を取ると薬指に指輪を嵌めていく


中島健人
中島健人
お前も…手震えてんじゃん笑
本当の私
本当の私
仕方ねえだろ…なんか緊張すんだから
中島健人
中島健人
ふふ…可愛いヤツ


なんだ、お前も同じ気持ちだったんじゃん
なんか嬉しい


本当の私
本当の私
想像してた通りだ。健人は青が似合うね
中島健人
中島健人
お前こそ、ゴールド似合ってるよ
本当の私
本当の私
へへっ…ありがとう…///


空にかざした手のひら
キラキラと輝くペアリング
そのままギュッと手を握り重なり合えば、俺らの唇も重なり合った



中島健人
中島健人
愛してるよ…あなた
本当の私
本当の私
ん、私も愛してるよ…
中島健人
中島健人
ずっと…一緒に居ような?
本当の私
本当の私
ふふ…もちろん


あなたの微笑んだ顔はリングに劣らず綺麗で美しかった

俺は吸い込まれるようにその顔に近付くともう一度口付けを落とした