無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

37 お嬢の見張り番
~風磨side~


温泉入って飯も食って…後は寝るだけなんだが…

佐藤勝利
佐藤勝利
風磨くんまだ寝ないの?
菊池風磨
菊池風磨
そのうち寝っから気にしないでいいよ
中島健人
中島健人
なあ、枕投げしようぜ?
佐藤勝利
佐藤勝利
なんで枕投げ?笑
中島健人
中島健人
修学旅行って言ったら定番だろ笑


いや…そんなんしてねえでさっさと寝ろよ…
てか寝てくれよ…
そろそろあなたからLINE来ちまうと思うんだが…


佐藤勝利
佐藤勝利
風磨くんさっきから何スマホ気にしてんの?
菊池風磨
菊池風磨
別に気にしてねえよ
中島健人
中島健人
なあー枕投げー
佐藤勝利
佐藤勝利
風磨くん、バイブ鳴ったよ?
菊池風磨
菊池風磨
ぁ、マジで?
中島健人
中島健人
ねーねー枕投げしよってば!
菊池風磨
菊池風磨
ちょっと俺出てくるから勝利、中島の相手してやってくれ
佐藤勝利
佐藤勝利
ぇ、ちょっ、風磨くん!?どこ行く…、行っちゃった
中島健人
中島健人
あれ?菊池どっか行ったの?
佐藤勝利
佐藤勝利
そうみたい…
中島健人
中島健人
アイツたまに謎なとこあるよな…
佐藤勝利
佐藤勝利
そんな枕投げしたがる健人くんも謎だけど←




____


とりま部屋から出てスマホを確認すると、やはりあなたからLINEが来てた


Moon
Moon
風磨お風呂


なんともあなたらしい簡潔なLINE

ふーま
ふーま
おけ
それだけ返事して大浴場に向かった
途中誰にも会わないようにすんの大変だったぜ…



変装してる私
変装してる私
もう入るヤツいねえと思うけど...ちゃんと見張っとけよ?
菊池風磨
菊池風磨
へいへい
万が一のために一応スマホ持っとけよ?
変装してる私
変装してる私
わかった
なるべく早く出てくっから、頼んだぞ!


そしてあなたは風呂に入りに行った

辺り静かだし…別に誰も来ねえんじゃね?
それよりクソ寝みぃ…





____


本当の私
本当の私
てめえ...何で寝てんだよ
菊池風磨
菊池風磨
あ?出てきたか


立って待ってんのもダルかったからその場に座り込んだらいつの間にか寝てた


本当の私
本当の私
寝てたら見張りの意味ねえだろうが!
菊池風磨
菊池風磨
悪ぃ悪ぃ笑
てかお前、ウィッグ着けなくて良いのかよ
本当の私
本当の私
髪半乾きだから着けたくねえんだよ
菊池風磨
菊池風磨
今誰か来たらどーすんだよ
本当の私
本当の私
消灯時間過ぎてるし、基本的に部屋から出んの禁止なんだから平気だろ
菊池風磨
菊池風磨
相部屋のヤツらは?
本当の私
本当の私
もう寝てた


なるほど...
一応考えて行動してんだな
じゃあ明日はコイツ一人でも...


本当の私
本当の私
明日もよろしくね♡
菊池風磨
菊池風磨
は?マジかよ...
本当の私
本当の私
礼ならちゃんとしてやっから、な?頼むよ!


礼か...それなら...

菊池風磨
菊池風磨
わかりましたよ、お嬢
本当の私
本当の私
んふふー、じゃあまた明日ね!おやすみ風磨
菊池風磨
菊池風磨
おやすみー



俺も甘いよな、あなたには
まあ、この役目は中島や他のヤツらには出来ねえ俺だけの特権だし
まあ、いっか