無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

10 乙女の顔に傷付けるとか有り得ねえ
~風磨side~


いよいよ抗争が始まったが...相変わらずあなたは強え...
あのちっこい身体のどこにあんなパワーがあるんだか

ぁ、パンツ見えた←


本当の私
本当の私
雑魚共は弱えな、準備運動にもなんねえじゃん
玉城組「なんだこの女...」
本当の私
本当の私
普通の女子高生でーす♡


いや、普通じゃねえだろ笑

あなたは殴りかかってくる男共を躱しては、足を引っ掛けて倒したり殴ったり蹴ったり...

俺ならぜってえ相手にしたくねえ...


そして、雑魚共を倒すと幹部らしきヤツらがゾロゾロ出てきやがった


菊池風磨
菊池風磨
まだ居んのかよ...
玉城組幹部「餓鬼はとっととお家に帰んな」


殴られそうになった俺は咄嗟に躱そうとしたが...避けきれず殴られてしまった
他の兄貴達も...やられてる...


菊池風磨
菊池風磨
グハッ...!
本当の私
本当の私
風磨...ッ!?


あなたが俺の方を向いた瞬間、あなたは玉城組の頭だと思われるヤツに胸ぐらを掴まれた


本当の私
本当の私
ちっ


あなたは足を使ったり手を出そうとするも...相手は余裕そうに笑っている


畜生...助けてえけど...強くやられたせいか身体が動かねえ...



玉城組頭「随分と威勢の良い嬢ちゃんだな、月島組の5代目は。よく見ると可愛いじゃねえか」
本当の私
本当の私
その汚ねえ手、離せよ
玉城組頭「悪ぃな嬢ちゃん。俺らはお前らを潰さなきゃならねえんだわ」


そう言った瞬間、玉城組頭は拳を振り上げた
やられる...あなたが...やられちまう...
兄貴達はくたばってるし...俺も...無理だ...
俺が守ってやりてえのに...



菊池風磨
菊池風磨
あなたッ!逃げろ...ッ!
本当の私
本当の私
離せっ!クソ...ッ!
玉城組頭「離さねえよ、オラッ!!」


あなたは殴られる覚悟をしたのか歯を食いしばりながら目を閉じた

そして鈍い音が響いた



本当の私
本当の私
って.....



殴られた...あなたが殴られてしまった
あなたの頬は赤く腫れ上がり口端が切れてしまったのか血が流れている


玉城組頭「可愛い顔が台無しだな笑
もっと殴られたくなかったら大人しくお前らのシマを寄越してお家に帰んな」
本当の私
本当の私
てめえざけんなよ!?...乙女の顔に傷付けやがって...タダじゃおかねえ!!


急にドスの効いた声が聞こえたと思ったらあなたは相手の鳩尾に重いパンチを一発食らわせた

相手は効いたのか膝を着いて悶えている


あなたの目付きが変わった
あれは相当キレてる...
お前...マジであなたなのか?


本当の私
本当の私
立てよ...もうおしまいか?
弱えな玉城組の頭は笑
玉城組幹部「この女...俺らの頭を舐めやがって!」
本当の私
本当の私
あ?雑魚は引っ込んでろよ


殴り掛かる幹部達をも一瞬で倒すあなた
俺たちでさえ倒せなかったのに
キレたあなた...マジで恐ろしいな
ぁ、またパンツ見えた←




本当の私
本当の私
頭が弱えとやっぱ雑魚も弱えな笑
玉城組頭「てめえ...マジでざけんな...グハッ!!」
顔を上げた玉城組頭の顔面に蹴りを食らわすあなた
それから何発か拳をぶち込むと、とうとうヤツは動かなくなった


本当の私
本当の私
どうする?まだやるの?私は全然相手にしてやってもいいけど?笑


あなたは余裕そうに笑ってるけど...
相手は瀕死寸前だ


玉城組頭「畜生...今日のところは勘弁してやる。だが覚えてろよ!テメェら!!」


こうして玉城組は大人しく帰って行った
俺らも早く帰って傷の手当しねえと...


本当の私
本当の私
あー疲れた
おら、てめえら!さっさと帰るぞ
舎弟共「待ってくだせぇお嬢、俺らまだ動けねえ...」
本当の私
本当の私
ホント弱えなお前ら笑
菊池風磨
菊池風磨
お前が強すぎんだよ
本当の私
本当の私
ったく、お前らの事は私が守ってやるよ笑
ほら、立てよ風磨
菊池風磨
菊池風磨
お、おう


手を差し出すあなたの手を握ればグイッと引っ張り起こしてくれる
そのあなたの拳は殴ったせいか赤く腫れており切れて血が滲んでいた


菊池風磨
菊池風磨
早く帰って手当てしねえとな...
本当の私
本当の私
そうだな、みんな結構やられちまったからな笑
菊池風磨
菊池風磨
お前の手当てが先だろ?一応女なんだから笑
本当の私
本当の私
なんだよ、一応って...殴られたいの?(にっこり)
菊池風磨
菊池風磨
勘弁してくだせえ、お嬢


そんなこんなで今日の抗争は勝利を収めた
あー疲れた...グミ食いてえ...←












永瀬廉
永瀬廉
.....あの金髪の女...すごくね?
平野紫耀
平野紫耀
やべえ...かっけえ...俺惚れたかもしんねえ...
永瀬廉
永瀬廉
だよな...美人で強いとか...惚れるしかないやろ
平野紫耀
平野紫耀
は?何言ってんだよ、俺が先に惚れたんだからな!
永瀬廉
永瀬廉
いや、俺やから