無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

58 お嬢の決断
~あなたside~


健人なら…何て答えてくれるんだろう…


中島健人
中島健人
おはよう、あなた
変装してる私
変装してる私
おはよ、健人


最近の健人は席に座ると必ずスマホを弄る
そして、私のスマホのバイブが鳴る
んで、私はトイレに行ってLINEの返事をする

ってのがパターン


でも今日は返事してやれねえんだ…
ごめんね、健人




中島健人
中島健人
あれ、今日は既読付かねえな…
変装してる私
変装してる私
あのさ健人…ちょっと聞きたいことあるんだけど…いいかな?
中島健人
中島健人
うん、いいよ?


あくまでも世間話するみたいに
普通に…普通に…


変装してる私
変装してる私
健人はさ、嘘つく人とか…騙す人ってどう思う?
中島健人
中島健人
どしたの?あなた、誰かに嘘ついてんの?
変装してる私
変装してる私
いや、私じゃなくて…友達に相談されたんだけど…何て返したらいいか分からなくて…


思ってもなかった返しが来た…
ちょー焦った…


中島健人
中島健人
なるほどね…
そーだなあ…俺だったらやっぱり嫌かな
変装してる私
変装してる私
それは…大切な人からでも?
中島健人
中島健人
大切な人からなら尚更嫌だよ
信じてた自分が馬鹿みたいじゃん?
変装してる私
変装してる私
そ、そっか…


ヤバい…声が震える…


中島健人
中島健人
でも…
変装してる私
変装してる私
わかった!ありがとう!今みたいな感じで友達に返すことにするね!


健人が何かを言いかけたっぽかったけど、私はもうその場から逃げたくて席を立った



中島健人
中島健人
まだ続きがあるんだけど…まあいっか





____



変装してる私
変装してる私
ただいま…
舎弟共「お帰りなさいませお嬢!」
菊池風磨
菊池風磨
お嬢、おかえり
変装してる私
変装してる私
風磨…少ししたら私の部屋来て。話がある
菊池風磨
菊池風磨
ん、わかった


あれから1日考えてた
私と健人の今後について
そして、ある決断をした




菊池風磨
菊池風磨
あなた、入るぞ?
本当の私
本当の私
ん、


風磨が部屋に入ると、私は今日健人とした会話の内容を告げた


菊池風磨
菊池風磨
そうか…それはちと俺も想定外だな…
本当の私
本当の私
でさ…やっぱり別れようと思う
菊池風磨
菊池風磨
いいのか…?ホントにそれで
本当の私
本当の私
……ん、


自分で決断したのに…勝手に涙が溢れてくる
泣いてるとこなんか…風磨に見られたくねえのに…
そんなこと考えてたらいきなり暖かいモノに包み込まれた



本当の私
本当の私
……風磨?
菊池風磨
菊池風磨
俺の胸…貸してやるから…今は好きなだけ泣け。
お前の泣き顔は…見ないでおいてやるから
本当の私
本当の私
…ありがとう、


私は風磨の胸に顔を埋めると涙が枯れるまで泣きじゃくった
その間、風磨はずっと頭を撫でてくれた

泣き止んだ頃には日が随分と傾いていた





本当の私
本当の私
ごめん風磨、ありがとう
菊池風磨
菊池風磨
スッキリしたか?
本当の私
本当の私
うん…、健人に別れ告げてくるね
菊池風磨
菊池風磨
中島に…偽ってたこと言うのか?
本当の私
本当の私
んーん、それは最後まで隠し通すよ
高校は…ちゃんと卒業しないとね
菊池風磨
菊池風磨
そうか…わかった。
行ってらっしゃい、お嬢




こうして私はLINEで健人をいつもの公園に呼び出した