無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第118話

116 キミを壊したい🔞⚠️
~健人side~



俺に抱かれる度にどんどんエロくなるキミ

初めの頃はあんなに初々しかったのに
今じゃこんなに俺を求めてくれる


そんな身体にしたのは俺なんだけどね






本当の私
本当の私
っ、はぁ...んぁ...ッ、けんとッ、ほしい...っ
中島健人
中島健人
まだだーめ♡あげない
本当の私
本当の私
ゃ、あっ...おねがい...っ、けんとぉ、...ああッ、
中島健人
中島健人
そんな俺を欲しがるとか淫乱だね、あなた


こんなトロトロに濡らして穴も引くつかせて
このまま焦らし続けたらどうなっちゃうんだろうね


本当の私
本当の私
ん、ぁ...ッ、ひぁ...あぁッ...
中島健人
中島健人
すげえ俺の指締めてっけど...イッちゃうの?
本当の私
本当の私
ふぁ...ッ、んぁあ...ッ、イッちゃう...ッ


ワザとあなたの弱いとこに指を当ててぐちゅぐちゅと中を掻き混ぜる
でも俺はあなたが達する直前で指を抜いた


本当の私
本当の私
ぇ、けんと...?


突然刺激を止めた俺にポカーンとするあなた


中島健人
中島健人
ふふ、イキたかったの?
本当の私
本当の私
ん、いじわる...///


あなたは物欲しそうな顔をしながら頷くとギュッと抱き着き俺に身体を擦り付けてきた
中島健人
中島健人
そんな腰揺らしちゃって...エロッ
本当の私
本当の私
だって...イキたい...///
中島健人
中島健人
仕方ねえな...ほらっ、イかせてやるよ...ッ
本当の私
本当の私
ひゃぁあああッ...!


ヌルヌルの蜜壷に亀頭をピッタリと付けると一気に奥まで貫いた

やべ...ちょー締まる


中島健人
中島健人
ほらっ、俺のが欲しかったんでしょッ?もっと鳴けよ...ッ...ほら、あなた...ッ
本当の私
本当の私
んぁッ、けんと...ッ、激しいっ...あぁ...っ
中島健人
中島健人
んっ、そうだねッ、激しいね...っ、でも好きでしょ?お前...ッ
本当の私
本当の私
んっ...すき、ッ...もっと、けんとッ...もっとして...ッ


ホント可愛すぎて無理
このまま壊してえ...


あなたの腰を掴むと激しく腰を振った
時折ズンッと膣奥を攻めるとあなたの腰はビクンと跳ねる


中島健人
中島健人
ねえあなた、聞こえる?ベッドギシギシ鳴ってるの
本当の私
本当の私
あっ、んん...ッ、きこえる...ッ...あぁッ
中島健人
中島健人
もっと激しくしたら壊れちゃいそうだね...ッ、ベッドも...あなたもッ
本当の私
本当の私
やぁ...ッ、あっ...だめ...ッ、ふぁあ...っ


俺が激しく腰を打ち込む度に軋むベッド
ギシギシ鳴る音にあなたも興奮してるのか可愛いく喘ぎながら肉棒を締め付けてくる

親いるときにヤッてたらすぐバレんだろうな笑



中島健人
中島健人
んくっ、このまま壊していい?お前のこと
本当の私
本当の私
明日学校だよ...ッ、バカッ
中島健人
中島健人
明日のことなんて考えんなッ、今は俺の事だけを考えとけ...ッ
本当の私
本当の私
んぁああッ、あっ...だめッ、けんとぉ...っ
中島健人
中島健人
だめじゃねえだろっ、ほらッ...壊れちまえ...ッ


他のことなんか考える余裕が無くなるくらいお前の中、俺でいっぱいにしてあげる

だからほら...淫らに壊れて?